2017年04月16日

根雪くん、さよなら

この冬、初めて雪が降ったのは、昨年11月24日。軽井沢は積雪23センチ。

11月に雪が降るのは、軽井沢でもそれほどめずらしくはないようですが、10センチを超えたのは、1988年以来。
20センチ以上の積雪は、過去何十年も記録にありません(気象庁のオンラインデータによる)。

今年に入って1月8日からの断続的な降雪で、累積積雪37センチに。
我が家の南面にあるウッドデッキの雪は積もったらすぐ除雪。屋根から落ちてくる雪もその都度除雪していました。

snow(1/19).jpg
(今年の、雪の海に浮かぶ除雪されたデッキ)

昨年、この家に越してきて初めての冬。デッキに降り積もった雪をそのままにして、1ヶ月近くも溶けずに凍り付かせてしまい、デッキが腐る!!とあわててツルハシを振り下ろし・・・デッキまで掘ってしまいました。

LiuDeck.jpg
(昨年の、庭かデッキかわからない雪原)

IMG_9371.jpg
(氷をはがしたら、傷だらけ塗装はげだらけ)

北側は、当然ほったらかしです。屋根から落ちてきた雪で、1メートル以上積み上がっていました。

陽があたる部分は、3月中旬ですべて溶けています。
しかし北側は、まだ50センチは積み上がったままです。

17).jpg

3月26日の大雪では再び累積積雪32センチになりましたが、これは気温も高くなっていたので、数日で溶けました。

しかし北側に雪は積もったまま。これが根雪と言うんだ、いつ溶けるのかな、と楽しみにしていました。

4月5日はまだこんな状態。

IMG_9186(4-5).jpg

4月11日もまだまだ。

IMG_9296(4-11).jpg

そして4月15日。

15A).jpg

今日の夕方、ついに根雪が消えました。

15B).jpg

これで雪にさようなら・・・ですよね。



読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 09:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月14日

追分宿に行ったら、たい焼きを食べよう

IMG_8878.jpg

追分宿といえば、たい焼きですか?

たい焼きです。

人によっては、ささくら(そば屋さん)や一歩(パン屋さん)かもしれません。

でも、「いつでも気軽においしく食べられる」という一番地元に密着しているお店は、このたい焼き屋さんですよ。

Taiyaki_Kyaku.jpg

ライ麦パン屋さん「一歩」の向かいにある「たいやき さとう」のたい焼き屋さん。
開店は4年前。地元の人たちにも楽しんでもらえるおいしい食べ物を、ということでたい焼き屋を始めた佐藤さんご夫婦。

見た目は普通のたい焼き・・・ではなくて、耳付きのたい焼きです。

持って、どっしり
餡が、たっぷり
食べて、まんぞく

餡は、北海道産の小豆に、砂糖、塩、水飴をまぜ、余計な添加物なしに毎日練って作っているそうです。
砂糖は数種類を使って、甘みを抑えた味を作り出しています。

紫がかった薄い色の餡は、おいしさの証し。懐かしく優しい味。子供の頃に母が作ってくれたおはぎを思い出します。

皮は信州の小麦粉。耳が付いています。
2年前追分に来た当初は、確か「耳」はなかったはず。

Taiyaki1.jpg

ずっと気になっていたので、お聞きしたら、「耳を付けてくれ」というお客様の要望に応じて耳を付けたままにした、とのこと。
そしたら「耳付きのたい焼き」で、また評判になったそうです。

パンの耳をおいしいと言って好んで食べる人がいます(我が家もそうです)。
たい焼きの耳も同じなんですね。ちょっとパリっとしたところに、信州産小麦粉のおいしいところが味わえるのですね。

Taiyaki_Kyaku2.jpg  Taiyaki_Satosan.jpg

追分宿に来たら、たい焼きを食べましょう。

たい焼きの
味の決め手は
あんにあり

お味がよろしいようで



読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいもの

2017年04月12日

浅間山、燃え

浅間山の噴煙、このところ空高く噴き上がっていました。その姿は神々しい(被害がない限り)。

Mt Asama2.jpg

噴煙放出量が増え始めたのは、昨年12月中旬以降。

それまで日平均500トン以内だった二酸化硫黄が、突然1000トン以上に増加。自衛隊の測定では、最大日平均放出量3600トンを1月18日に記録。

2月6日に用事で中軽に行ったとき、硫黄臭かったのですが、あれは噴煙による硫黄臭だったのでしょうか・・・。

4月6日は1500トン、やっとこのところ収まってきたように見えます。この数日雨や雪で山頂は見えませんでした。久しぶりに晴れた今日は、噴煙が風にたなびいていました。

火山性地震は2月と3月が一番多かったです。2月は日平均約63回、3月は約59回。(4月10日の発表値では、9日はわずか10回。)
火山性微動は2月と3月それぞれ2回。

火山性地震は火山体およびその周辺で起きる、何らかの破壊現象により生じる地震。
火山性微動は、マグマやガスなどの移動や震動で生じる地震。
一般的に微動のほうがより噴火現象に関係があると言われています。

幸い、2年前2015年6月のプチ噴火のときより、地震、微動、噴煙量ともに少ないです。

2004年9月に浅間山が噴火したときの降灰は、当時の我が家(多摩ニュータウン)にも届いていました。

AsamaAsh.jpg

最後に、3分間の空の旅を楽しんでください。国交省の許可を得てドローンにて撮影されたという浅間山の火口です。

う〜ん、浅間山は燃えていますね。

ついでにテレビドラマにも煙を吐く浅間山が。

Quartet_Asama.jpg
(ドラマ「カルテット」の一コマ)

「いつもいつも浅間山のツマにしないでほしい」って?
Liu_Asama_tsuma.jpg



読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 浅間山

2017年04月11日

私は翻訳者である。名前は出ない。

「仕事は翻訳です」と言うと、いつも誤解されます。
「翻訳家」だと思われます。つまり、「本を翻訳する人」だと。
一般的な認識は、「翻訳」といえば「本の翻訳」なんでしょう。

私の分野は「実務翻訳」あるいは「産業翻訳」と言われているもの。皆さんが誤解する翻訳は、「出版翻訳」あるいは「文芸翻訳」と呼ばれています。

実務翻訳と出版翻訳との違いは、前者は「実際の仕事量に比例してお金がもらえる」「著作権はない」「翻訳者の名前は出ない」。
後者は「印税」「著作権が発生する」「翻訳者の名前が出る」です。

前者は「翻訳者」、後者は「翻訳家」または「先生」と呼ばれることもある。

私は前者、名もなき「翻訳者」です。

TrimmedLiu2.jpg
(「仕事いつ終わるの。早く遊ぼ」)

20年くらい前までは、翻訳原稿はファックスや郵便、宅配便で送られてきていました。その後、仕事の受領や納品方法が、Eメールやウェブに変わってから、場所を気にせず仕事ができるようになり、どこか遠くに住んでみたいと思うようになりました。

移住の候補地は、沖縄、福岡、長野。シンガポールとハワイもとりあえず検討しました・・・(物価が高い!ハードルが高い!)。

移住先を検討するのは、楽しくもあり、苦しくもありました。

長野の候補地は佐久市でしたが、最終的に、想定外の軽井沢に落ち着きました。

logs in the garden.jpg

薪割り、草刈り、芝刈り。庭仕事(野良仕事)は山積みです。でも、座り仕事の翻訳者と、走るのが大好きな犬には、いい選択だったのかもしれません。

RunningLiu.jpg



読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。