2017年04月05日

これが追分の特産キャベツ!!

つい最近知ったんですが、追分の特産品で「追分キャベツ」というのがあるんです。

我が家にもある。

それは何かというと、これです。

IMG_91762.jpg


このキャベツは、1108年の天仁噴火で噴出した火砕流(追分火砕流と命名されている)が生みの親。

「浅間の焼け石」という名前は聞いていました。家を建てる時の土工事で、土の中からごろごろ出てくるのです。

しかし「追分キャベツ」は初めて聞く名前でした。正式名は、「パン皮岩塊」というそうです。

浅間山山麓で栽培されている全国的に有名な高原キャベツ、
伝統ゆえの美味しさで有名な軽井沢のパン、

まさか、学者の先生方、そういう「浅間のおいしさ」に惑わされて命名したのか。

天仁噴火の追分火砕流は、1108年8月30日に起きたとのこと。我が家のあるところも、もちろん火砕流に埋もれました。つまり我が家は火砕流の上に建っているのですね。火砕流堆積物の平均厚は約8メートル。

ということは、1108年以前は、ここから8メートルも下が大地だったことになります(その後の風化でちょっとは薄くなったとは思いますが)。

追分のキャベツは、まさに掘り出し物の特産品でした。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月04日

犬と山菜天ぷらそば

軽井沢は犬に優しい町だと言われます。それは私たちが移住先としてここを選んだ理由の一つでもありました。

テラス席で犬を同伴できるレストランやカフェの数はおそらく日本一ではないでしょうか。ただ主には青空席なので、寒い冬や暑い夏は、食事を楽しむのはむずかしいです。

4月に入ったというのに、昨日も軽井沢は雪がちらついていました。テラス席で犬と一緒に過ごせる期間は案外短いのです。

おまけに我が家のリュウは、留守番ができない。東京ではできていたのです。でもこちらに完全移住するまで、東京と軽井沢を行ったり来たり。最初は小諸、続いて軽井沢のマンション、そして今は戸建て、と環境変化が多かったためリュウは留守番ができなくなりました。

そこでテラス席にて食事ができない季節は、「車食」となります。「車食」とは我が家用語で、テイクアウトして車内で食事、の意味です。

今、リュウを留守番させる練習をしています。サークルを作り、ウェブカメラを設置し、リュウを中に入れ、30分ほど外出。外から iPhone にて監視。「うぉ〜ん」と、ずっと上を向いて鳴いて(泣いて?吠えて?)います(心が痛い)。

liu-naku.jpg

少しづつ時間を延ばして、近所にたくさんある蕎麦屋さんに、今が旬の山菜てんぷらそばを食べに行きたいのです。

1時間でいいので。

IMG_5064.jpg

(文:妻


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月02日

「カルテット」のセリフ


3月末で終了したTBSのドラマ「カルテット」。そう、軽井沢が舞台のドラマでした。

軽井沢のあちこちで撮影が行われたようです。追分近くのコンビニも、撮影に使われました。

このドラマ、視聴率こそ低調だったものの、評価は高く、この記事では、冬ドラマ19作のなかで、一位に選ばれています。

さて、このドラマの中で一番印象に残ったセリフは、第5話で出た「志のある三流は四流」というもの。音楽をやっている人たちには、ぐさっと胸に突き刺さった言葉ではないでしょうか。よく言われていますが、「音楽で食っていくのは大変だ」とのこと。

音楽だけに限りませんけれどね。英語でも同じです。

印象的なセリフは他にもありました。

第1話では、松たか子さんの「人生には3つの坂があるそうです。上り坂、下り坂、まさか」というセリフ。

その通りですね。私の人生にも、まあ普通の人と同じように、「上り坂と下り坂」はあります。それに「まさか」もありました。

「まさか」によって、縁もゆかりもなかった軽井沢の地に移住することに。

「まさか」とは、3.11です。日本人の多くにとって、あの大地震は「まさか」でした。地震学的に言えば、「想定内」だったのですが、それを体験するという意味では「想定外 = まさか」でした。

軽井沢や佐久を含めた東信地域は、地震についていえば、活断層もない安全地帯なのです。浅間山という火山は別ですが・・・(これについてはまた別の機会に)。

軽井沢の空を見ながら「なんで、オレはこんなところにいるのかなあ」と思うことがよくあります。仕事柄、パソコンとインターネット環境があれば、どこでも仕事ができる、ということもあったとは思いますが...。

こんな空です。

IMG_7167.jpg



読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ

2017年04月01日

ごあいさつ - プロフィール

東京都の多摩ニュータウンから2013年に軽井沢の追分へ移住しました。

今は自然の中で暮らしています。

追分は軽井沢のなかでもとても暮らしやすいところです。晴天日が多い佐久地域に隣接した軽井沢西端部に位置しているため、軽井沢中心部より晴れの日が多く、じめじめせず、気持ち良い気候に恵まれています。

仕事はフリーランスの翻訳業(日英)。毎日自宅で仕事です。ちなみに私はマックユーザ。

日課は、我が家のトイプードルとの散歩。ヨーロッパの運河風景に似ていると言われている御影用水温水路沿いは、いつもの散歩コースです。

日々パソコンに向かって仕事しながら、つれづれなるまま思いついたことを書きたいと思います。

プロフィール




読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 23:50| Comment(0) | プロフィール
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。