2017年04月10日

フレディ・マーキュリー永遠なれ

軽井沢といえば、ジョン・レノンです。

万平ホテルのロイヤルミルクティーが彼のお好みだったのは、有名な話。私たちも、万平ホテルのテラスで、「ここでジョン・レノンがゆっくりとした時を過ごしたのか」と感慨に浸り、リュウを膝にのせてロイヤルミルクティーを飲みました。

IMG_3077.jpg

さて、ジョン・レノンを尊敬していたのが、「クイーン」のボーカリスト、フレディ・マーキュリー。ジョン・レノンも、フレディの「愛という名の欲望(Crazy Little Thing Called Love)」を聞き触発され、再び音楽の世界に戻ろうと決めた、という逸話が残っています。

我が家では、昨年末から、「フレディブーム」です。きっかけは、元「ワム」のジョージ・マイケルが亡くなったこと。ワムの曲が好きな妻から、フレディ・マーキュリー知ってるかと聞かれ、「知っている」とは言ったものの、早速調べてみました。

そしたら、なんだ、聞いたことのある曲ばっかり。I Was Born to Love You のビデオを YouTube で見たら、かっこいいではないか。夫婦してファンになりました。若いときは、ああいうグループは興味がなかったんですね。ジョージ・マイケルは、少年時代からの憧れだったフレディの追悼コンサートで Somebody to Love を歌い、聴衆を感動させました。

ファンならご存知の通り、フレディは「ペルシャ系インド人」。本名は、ファルーク・ブルサラ。容貌からするとペルシャ的ですね。

YouTube のインタビューで彼の英語を聞いてみると、なまりがない。幼いときから英語教育を行う学校に通っていたとのことですから、本格的イギリス英語で教育を受けたものと思います。

思い起こしてみると、「クイーン」に興味はなかったものの、彼らの曲はなかなかいいな、とは思っていたようでした。あの「ハモリ」がまたいいんですね。他のグループにはありませんでした。

フレディの曲は、バラードもあり、さらにオペラ的なものもありました。 Barcelona などは、オペラ歌手とデュエットしています。彼の死後、バルセロナ五輪ではオープニングソングとして使われました(覚えていない・・・)。

I Was Born to Love You の歌詞もいいですね。

I was born to love you
With every single beat of my heart
Yes, I was born to take care of you
Every single day of my life

I was born to love you は「君を愛するためにぼくは生まれた」なんて寒い日本語はやめて、「生まれたときには、もう君が好きだった」なんていかが。
freddie_image.jpg
(スイス、モントルーに立つ等身大のフレディ・マーキュリー像。このレマン湖畔のリゾートタウンはクイーンゆかりの地)
(Image courtesy of Phil_Bird at FreeDigitalPhotos.net)



読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。