2017年05月14日

浅間山と富士山、どっちが上か


今毎日見ている浅間山、故郷で毎日見ていた富士山。どっちが上かなんておかしな質問だ。

でも、とりあえず比べてみよう。

高さでは、富士山3776m、浅間山2568mで富士山の勝ち。形の美しさでは、整った山容から富士山の勝ち。登山者数では、2016年登山シーズンで24万8千人の富士山とゼロの浅間山で富士山の勝ち。そもそも浅間山は登山禁止。知名度では「富士山」のご当地ナンバーがあり、世界遺産でもある富士山のダントツ勝ち。

富士山のほうがどう見ても優勢だ。

MtFuji2.jpg

だがおもしろいことがある。富士山の山頂に社が鎮座している。あれは「浅間神社」だ。「浅間」は「せんげん」と読むが、これは「浅間(あさま)」の音読みにすぎない。つまりかの偉大なる富士山のテッペンを押さえているのは「あさま」なんだ。「名を捨てて実を取る」とはこういうことなのだろうか。

FujiSengen2.jpg
(富士山頂の浅間神社鳥居)

私が「どっちが上か」と考えるようになったきっかけは何かといえば、軽井沢に来てから毎日浅間山を見ていることもあるが、一番ひっかかったのは両山の「名前」だ。

富士山の「ふじ」は語源が不明。人によって語源は、大和言葉、アイヌ語、マレー語など様々。漢字としては現在は「富士」だが、「不二」「不死」「不尽」「福慈」などいろいろな字が使われている。しかし全部「漢語」の音読みだ。それが意味するのは、「漢字が入ってきてから付けられた名前」の可能性。もちろん、当て字だという可能性もあるが。

浅間山はどうだろう。「浅間」を「あさま」と読むのは「訓読み」。つまり漢語ではなく大和言葉。語源は、同じくはっきりとはわかっていない。富士山と同じように、「大和言葉、アイヌ語、マレー語などなど」。

しかし、日本には「あさま」と似たような名前の火山がある。「阿蘇山」と「有珠山」。「あそ」「うす」「あさ(ま)」は語源が同じという説がある。「ア行+サ行」の言葉は、「火の山」を表す言葉だったのではないか、と。

富士山は有史以降としては8世紀ごろから活発化し始め、その「火」を鎮めるため「アサマの神」が必要になったとしている。「浅間大神」は、富士信仰にもとづく神社というが、ならばなぜ「富士神社」じゃないのか。「火之神信仰」はすでに「アサマ」が主役だったことを意味しているのではないか。

古代より人々は「あさ」(「ア行+サ行」)のような言葉で火の山を表していたのだろう。

しかし富士山は名称としては、その系統には入っていなかったことになる。「フジ」系統の言葉は、それ以上に大きな意味を持っていたのか。それとも歴史時代に入って漢語にもとづく美称を付けられたのか。つまり美称を付けられるほど、もともとの山の名前はそれほど大きな意味は持っていなかった、ということか。

さらにもう一つ。縄文時代では、比較的暖かかったこともあり自然豊かな内陸部で人の活動が活発だった。特に八ヶ岳を中心とした地域で、古代人の活動は顕著。あちこちに古代遺跡が見つかっている。また、諏訪湖も昔から信仰の中心地で、諏訪神社は縄文時代からの信仰を受け継いだものと思う。つまり浅間山が見える長野県の東信地方や南信地方は、縄文時代、日本の中でも特に栄えていた大文化圏と言える。

富士山は確かに美しい。ただあの美しい姿になったのは地質的には比較的最近のこと。古代人にとっては、あまりに大きすぎて、危険すぎて、近寄りがたく、彼らの生活とはあまり縁がない、と感じていたのではないだろうか。

FujiSengen.jpg
(富士山頂で御来光を待つ登山者)

浅間山は、山としては富士山より小さいので、周りに人が住んでいた。噴火による災害でたびたび人々は甚大な被害を受けたが、少し離れれば人々は生きていけた。そして「アサマ」を見続け、火の山として恐れ敬った。

有史時代に入り、文化的に観念的に美化されてきた富士山。縄文以来、何度も火を噴き今そこにある驚異として畏敬されてきた浅間山。

古代日本人の精神を考えると、浅間山のほうが富士山より上である。そう私には思えてならない。

AsamaYama.jpg


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の驚異

2017年05月08日

軽井沢に住む - 土地を買う その1


都心の30坪は軽井沢の300坪

ちょっと乱暴かもしれませんが、感覚的には妥当かと思います。ただし高すぎない、安すぎない、都心すぎない、標準的土地家屋の場合です。「軽井沢=高級別荘地」という一般的なイメージは、その通りです。ただ、高級な旧軽周辺などから離れると、「級」も下がってきます。そして標準的な土地になると「都心の30坪は軽井沢の300坪」になってくるわけです。

IMG_8225.jpg
(御影用水温水路と浅間山)

私たちも軽井沢で土地を探したり家を建てたりするとき、いろいろ調べました。定住された軽井沢ブロガー皆さんの経験談も大いに役立ちました。感謝しています。

そこで私も自分の経験をもとに、これから軽井沢に家を持ちたいという方(とくに私たちのような軽井沢初心者)にとっては役立つかもしれない土地探し情報をまとめてみます。

IMG_2071.jpg
(とある売り物件)

あくまで個人的な感覚ですが、軽井沢の土地を以下の3種類に分けると理解しやすいと思います。

(1) 1000平米規制がある土地(第1種低層住居専用地域)(一区画土地面積は303坪以上)。
(2) 1000平米規制が公布される前に分筆された、それより狭い区画(それでも第1種低層住居専用地域)。
(3) 1000平米規制がない市街地(第1種住居地域など)。

軽井沢では、森の中に土地を購入する場合、1000平米規制(便宜上300坪規制とします)があります。この規制が公布される以前に分筆された土地ならば300坪以下のものもあります。数は少ないと思いますが。この規制については、軽井沢に家を建てようと思っている方は、まず不動産屋さんから聞かされることなので、ご存じの方も多いかと思います。

私たちも不動産屋さんから「土地の区画は300坪以上」と聞いて「そんなにはいらない」「手入れができない」と途方に暮れました。紹介された450坪ほどの区画を「半分にしてくれますか」とだめもとで頼んだのですが、当然却下です。条例違反ですから、それは不可能でした。御影用水温水路に近い、希望にかなった物件でしたが、土地、建物それぞれに予算もあり、半分なら買えるのにと泣く泣くあきらめました。(結局、我が家は320坪ほどになりましたが、取っても取っても生えてくる雑草、集めても集めても周囲から飛んでくる流れてくる枯れ葉。手入れは・・・もうあきらめています。)

IMG_4697.jpg
(追分の御影用水温水路沿い。格好の散歩コースです。)

さて、3種類の土地ですが、まず(1)と(2)の場合、探す場所は簡単に言えば「森の中」です。したがって、軽井沢中心部や中軽井沢周辺の都市化されたところは、対象外です(それは(3)になります)。

軽井沢に住む、ということは、たいていの場合、「森の中に住む」ことになります。憧れの森暮らしですか。森の中の住人になることについての現実は、以前の記事「軽井沢田舎暮らしパニック!」に書きました。

その2では、「森の中の土地」についてまとめたいと思います。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽井沢

2017年05月04日

やっぱり効く! 花粉症には「べにふうき」

年が明けて、「今年も新たな気持ちでがんばるぞ」と思った矢先、目も鼻も喉もメチャメチャ。痒くてくしゃみが出て、体もだるくなり、新たな気持ちも吹っ飛びます。

憂鬱な花粉症の季節です。

pollen2.jpg

私も花粉症に悩まされている一人です。発症は20代だったと思います。ただサラリーマン生活をやめてからは、それほど外出しないので、症状は一般の人々に比べ軽いかもしれません。

軽井沢の「花粉の飛散量」は、以前住んでいた多摩ニュータウンとどの程度違いがあるのか。例えば花粉情報で、軽井沢の「やや多い」と多摩ニュータウンの「やや多い」とでは、具体的な花粉の量は違うのでしょうか。調べましたがわかりませんでした。感覚的には東京にいたほうが、花粉が多かったように感じます(舗装面が広いため花粉が地面に定着せず、常に飛び回っている、とのこと)。

今は花粉症の症状を軽減できています。その秘訣は「べにふうき」です。

「べにふうき」はお茶の一品種。紅茶系の品種「べにほまれ」と「ダージリン」を交配して作られたものだそうです。「花粉症」との関連以外では、純粋にお茶としてあまり知られていないと思います。私も知りませんでした。

どうして「べにふうき」が花粉症に効くのか。

鍵は「メチル化カテキン」。この物質は、抗アレルギー作用があり、学術的にもその作用が認められています。

ご存知の方も多いと思いますが、この「メチル化カテキン」を多く含んでいるお茶が「べにふうき」なのです。べにふうきの抗アレルギー効果は、研究機関においても実証されています。

でも、いくら「実証されている」と言っても、本当に効くのか、と疑心暗鬼になってもおかしくありません。花粉症に効くと言われている飲み物は、効果が実証されているものも含め、複数ありますからね。

私の場合、数年前から「べにふうき」を飲み始め、その効果を自ら確認しています。

Spoonful.jpg

その経過をまとめました。

(1) 最初、「茶葉」のべにふうきを「お茶」として飲んでいました。費用効果的だと思ったからです(安上がり)。
 しかし、実際にはお湯を沸かさないとお茶は飲めません。忙しいときは、複数回飲むとなるとなかなか面倒です。それに「メチル化カテキン」摂取のため、水分も一緒に取らないといけないのです。
 これは東京にいたときのことで、それほど顕著な効き目は感じられませんでした。

(2) 軽井沢に来てから、一昨年より、「抹茶」に切り替えました。抹茶ですので、お湯に溶かすこともできますが、ヨーグルトなどのようなものにも混ぜられます。
 結論としては、こちらのほうが手軽で扱いやすく、高い効果が得られます。
 なぜかというと、お湯を沸かさなくても、いつでも、好きな量を摂取できるからです。

(3) 通常、花粉が飛ぶ以前の12月ごろから抹茶を取り始めます。毎朝食時、ヨーグルトに抹茶の「べにふうき」を「山盛り小さじ1杯」入れて食べました。
 2月になって、花粉が飛散し始め、症状が出ました。べにふうきは「期待したほど効いていない」と感じました。

(4) 3月になって、ヨーグルトに混ぜる量を「大盛り大さじ一杯」にし、さらに小さじ半分程度を、お湯の入ったポットに入れて、仕事をしながら飲み始めました。
 そうしたら、すぐに効き目が現れました。この摂取量で、その日のアレルギー症状はかなり減ります。効果が大きくなったのは、12月から摂取し続けていた蓄積があったからかもしれません(症状に応じて、摂取量を調整します)。

上記のように、個人的な経験から言うと、「べにふうき」は花粉症の改善に間違いなく効果があります。

病院に行ったり薬を飲んだりしないで花粉症に対処したい場合には、だめもとで一度「べにふうき」をお試しください。

茶葉タイプ、抹茶タイプともにもいろいろな「べにふうき」商品があります。試す際には、よく吟味してください。

Benifuuki2.jpg
(私が飲んでいる抹茶べにふうきの1つ)

注意! これはどんな薬にも言えますが、人によって効き目が違います。効かないかも、副作用がでるかもしれません。また、仕事で一日中外出している人は、当然大量の花粉を浴びます。そのため、効くと言っても、どの程度効くかはわかりませんし、飲み過ぎると副作用があるかもしれません。そこをご理解の上、お試しください。

LiuRun.jpg
(犬の花粉症は皮膚に出るとのこと。「ぼく痒くないよ」と元気なリュウ)


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。