2017年05月08日

軽井沢に住む - 土地を買う その1


都心の30坪は軽井沢の300坪

ちょっと乱暴かもしれませんが、感覚的には妥当かと思います。ただし高すぎない、安すぎない、都心すぎない、標準的土地家屋の場合です。「軽井沢=高級別荘地」という一般的なイメージは、その通りです。ただ、高級な旧軽周辺などから離れると、「級」も下がってきます。そして標準的な土地になると「都心の30坪は軽井沢の300坪」になってくるわけです。

IMG_8225.jpg
(御影用水温水路と浅間山)

私たちも軽井沢で土地を探したり家を建てたりするとき、いろいろ調べました。定住された軽井沢ブロガー皆さんの経験談も大いに役立ちました。感謝しています。

そこで私も自分の経験をもとに、これから軽井沢に家を持ちたいという方(とくに私たちのような軽井沢初心者)にとっては役立つかもしれない土地探し情報をまとめてみます。

IMG_2071.jpg
(とある売り物件)

あくまで個人的な感覚ですが、軽井沢の土地を以下の3種類に分けると理解しやすいと思います。

(1) 1000平米規制がある土地(第1種低層住居専用地域)(一区画土地面積は303坪以上)。
(2) 1000平米規制が公布される前に分筆された、それより狭い区画(それでも第1種低層住居専用地域)。
(3) 1000平米規制がない市街地(第1種住居地域など)。

軽井沢では、森の中に土地を購入する場合、1000平米規制(便宜上300坪規制とします)があります。この規制が公布される以前に分筆された土地ならば300坪以下のものもあります。数は少ないと思いますが。この規制については、軽井沢に家を建てようと思っている方は、まず不動産屋さんから聞かされることなので、ご存じの方も多いかと思います。

私たちも不動産屋さんから「土地の区画は300坪以上」と聞いて「そんなにはいらない」「手入れができない」と途方に暮れました。紹介された450坪ほどの区画を「半分にしてくれますか」とだめもとで頼んだのですが、当然却下です。条例違反ですから、それは不可能でした。御影用水温水路に近い、希望にかなった物件でしたが、土地、建物それぞれに予算もあり、半分なら買えるのにと泣く泣くあきらめました。(結局、我が家は320坪ほどになりましたが、取っても取っても生えてくる雑草、集めても集めても周囲から飛んでくる流れてくる枯れ葉。手入れは・・・もうあきらめています。)

IMG_4697.jpg
(追分の御影用水温水路沿い。格好の散歩コースです。)

さて、3種類の土地ですが、まず(1)と(2)の場合、探す場所は簡単に言えば「森の中」です。したがって、軽井沢中心部や中軽井沢周辺の都市化されたところは、対象外です(それは(3)になります)。

軽井沢に住む、ということは、たいていの場合、「森の中に住む」ことになります。憧れの森暮らしですか。森の中の住人になることについての現実は、以前の記事「軽井沢田舎暮らしパニック!」に書きました。

その2では、「森の中の土地」についてまとめたいと思います。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽井沢
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。