2017年08月19日

童話と神話とこの世の間


軽井沢に移り住んで、気がついたことがある。人によっては当然だ、と言われるかもしれないが、3年前まで都市部にしか住んだことがない私にとっては新鮮だった。

それは軽井沢のような自然溢れる地域には、今でも「桃太郎」の世界があることだった。

そう、ご存知桃太郎の鬼退治に同行した家来たち、犬、猿、雉。この3種の動物は軽井沢では身近である。

kiji.jpg
(「ケンケーン」と鳴いて羽ばたくキジ。散歩でよく見かける)
 
この「犬」だが、何犬なのか気になる。調べたら、特定の犬種を意図しているわけではなさそう。ただ昔からいる犬ということで、そうなると柴犬が妥当、ということである。

わが家のワンコは外国産のプードルだから、鬼退治には行けないかな。

sad_liu.jpg
(えっ、ぼく戦力外!?)
 
「金太郎」に相撲で投げられた熊もいる。こちらに引っ越して初めての春、「熊が冬眠から目覚めました」という町役場からのメールにはちょっとビビった。

ニホンザル位置情報、「群れの位置は、千ヶ滝中区・・・」というメールも毎日配信されている。

時代劇の世界もある。水戸黄門など時代劇にはよく登場する「ピーヒョロヨロヒョロ」と鳴いて空を飛ぶ鳥。あれがわが家の上空にも出現する。調べたら「鳶(とび)」だという。昔はあちこちにいたのだろう。

tobi.jpg
(悠然と空を舞うトビ)
 
近所で夜な夜な、外に置いてあるサンダルがなぜか片方だけなくなる不思議な事件が発生。犯人は子ギツネらしい(おもちゃとして集める習性があるとのこと)。

「超高速! 参勤交代」の映画で、山中道なき道を急ぐ一行を脅かしたのが「オオカミ」だった。自分の記憶では、オオカミが出てくる時代劇は他に見たことがない。当然、江戸時代に狼はたくさんいたのだろう。

日が落ちてから、中山道や北国街道を歩くのは危険だったはず。外灯があるわけでもなし、真っ暗だ。ところが満月になると驚くほど夜中でも明るい。それも軽井沢に来てから体験したことだ。

ニホンオオカミは残念ながら、明治時代に絶滅してしまった。今でも人が襲われることがある熊や猪などより、人にとっては脅威が大きかったのだろう。小柄とは言え、やはり「オオカミ」だった。今となってみれば、とても残念だ。

神話の世界もある。「甲賀三郎伝説」の龍神だ。

dragon.jpg
(御代田町の龍神の杜公園にて年一度の龍神祭りのリハーサル。この龍神は全長45メートル)
 
千年以上昔の話。地面の穴に落とされた甲賀三郎が地下世界を彷徨したのち、地上に出てきたら(真楽寺の池)、竜体になっていて、あまりに大きすぎるので諏訪湖に落ち着いた、という伝説(今も湖底にたたずんでいるという)。

現代の童話といえるファンタジーアニメ「もののけ姫」に登場する動物もたいてい軽井沢にいる。

イノシシは出くわしたら怖いらしい。ご近所さんが姿は見ていないが「鳴き声」は聞いたという。聞いたこともない鳴き声だからすぐわかる、と言われた。

ニホンカモシカも最近軽井沢で増えているとのこと。写真を見たら、ニホンカモシカの顔は「シシ神」の顔に似ている。

「シシ神」の夜の姿である巨大な「デイダラボッチ」は、さすがに見あたらないが、伝説でいえば「甲賀三郎」の「龍神」が、その神聖さと巨大さから、デイダラボッチに相当するかもしれない。

dragonpond2.jpg
(御代田町の真楽寺にある、龍神となった甲賀三郎が地上に現れた、と言われている沼。池から顔を出している竜は、もちろん本物ではない。)
 
科学技術が進んだ現代でも、森林大国である日本には、「けもの」たちがあふれている。そして軽井沢の森は、今でも童話の森であり神話の森である。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の驚異
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。