2017年10月08日

続 これが日本人の生きる道


日本人は道(みち)が好きだ。「茶道」「華道」「剣道」「柔道」「書道」、私が恩師から学んだ「英語道」もある。いわゆる何かを行うための「手順」を「道」と呼び、一種の哲学化をしている。

「過程尊重」という思考・行動パターンによって、日本人は「道(みち)」という概念を大切に思うようになった。

本家中国の思想家、荘子による「道」の定義は難しくてわからない。日本人の「道」はそんなに複雑なものではなく、「過程尊重」のことだと思う。

IMG_0344.jpg
(「ぼくも散歩の道が好きだ」)

「道」を着実に歩いてきた日本人に、最近は何か異変が起きているらしい。

過労死、ブラック企業、フリーターの増加、定年退職男性の無力感、若い人々の働く意味の欠如感、帰宅恐怖症やフラリーマンの増加、学校でのいじめ、公園デビューなどの近所づきあいの息苦しさ。どうも変な方向に進んでいるように思える。

一部の優良企業、中小企業などの世界シェアトップを占めるオンリーワンの企業、新進気鋭のベンチャーなど、優秀な人々、人並み以上に努力ができる人々はのぞき、多くの労働者は、「働くことについて暗闇にいる」ように思える。

その暗闇は、やはり「過程尊重」にあるのではないか、と思った。

過労死やブラック企業は、制度や倫理の問題とは別に「過程尊重」の勤労精神が悪用されているから生じることだと思う。

学校などのいじめや公園デビューなどの近所づきあいの息苦しさも、「過程尊重」の間違った発現によるものではないだろうか。

フリーターの増加、退職後の男性の無力感、若い人々の働く意味の欠如感、帰宅恐怖症やフラリーマンの増加、これらも「過程尊重」の本能が満たされない、現代の仕事の在り方が問題なのだろう。

「目的指向」の場合は、一番数の多い一般労働者において、強調して言えば、働くのは「自分の自由時間を大切にするため」の手段であって、「人生は楽しむことにある」のだ。

だが日本人は、欧米のような「効率的・効果的な働き方」とか「余暇の活用」とか「人生を楽しむ」とか、そういうやり方は合わないと思う。そういうのはすべて「目的指向」の働き方・生き方である。

「過程尊重」の働き方・生き方は、「仕事の中に、尊重できる過程が存在すること」で、労働に生きがいを感じ、それが人生であり、それあっての「自由時間」なのだと思う。

ではどうしたらよいか。

例えば日本人が発明したものではないが日本で大発展して日本経済の拡大に寄与している「QCサークル」がある。機械化、ロボット化、AI化でますます人の手が入らなくなる現代の労働環境でも、QCサークルは過程を実感できる良い方法だと思う。

労働に哲学を持ってくるのも、一つの方法。代表例は、京セラ創設者稲盛和夫が創出した「京セラフィロソフィ」だ。私も仕事で頻繁に京セラ関連文書を翻訳しているが、それ自体確かに生きる指標になる。叱咤激励されすぎて「勘弁して」と尻込みしたくならないわけではないが、みんなで一緒にやれば何とかできる。稲作と同じ。一人じゃないんだ、皆がいるんだ。

内容にもよるが、創設者の「企業哲学」「人生哲学」を実践することは「過程尊重」にもつながる。実際そういう企業も増えているという。

また、近年疲弊が激しい農業においても、解決法はある。例えばトヨタが十八番の「カイゼン」を農作業に応用し、効果を上げているという。農作業プロセスを見直すよう提案するわけだが、「なぜ、それをそのようにやるのか」を問いかけることが基本という。

attachment.png
(田植え祭りでの、田植え。現代では、手作業での田植えは、イベントなどで見られるだけ。出典:ウィキメディア・コモンズ、撮影:mahlervv)

どんな仕事でも、「なぜ、それをそうやるのか」を考えることは、組織的なものがなくても、QCサークルと似た効果を発揮できると思う。

さらには、仕事のやり方自体に最初から「過程尊重」できるようなプロセスを設けることだ。

今は「プロセスをいかに省くか、効率的にするか」ばかりが求められる。だがそれを突き詰めると「支配する経営者」と「支配されるロボットのような労働者」に二分されてしまう。結果として、労働者の意欲低下、暴動、社会の没落に発展するかもしれない。

それだったら、少しプロセスを増やしてでも、「過程尊重」できるビジネスモデルを作ったほうが、結果としてはより良い物ができるし、労働者も生きがいを持てるし、二重三重の恩恵が得られると思う。

単に、欧米型効率的労働とか人生を楽しめとか休みを取れとか、「過程尊重」ではない人たちの真似をしても、日本人には実践できないだろう。

誰か偉い学者さんが、川田氏が見いだした「過程尊重」の応用範囲を広げ、「日本の生きる道は過程尊重にある」と提唱して欲しい。働き方の改革などにおいて、例えば長時間労働の是正など具体的に対応策を講じるのは良いが、根本的には「過程尊重」という哲学が必要であり、「労働において過程尊重できるプロセス」を加えることが不可欠だと思う。

それが日本人のやってきたことだからだ。それが日本人が一番うまくできることだからだ。それが日本人の生きる道だからだ。

なお、人間にはいろいろな要素があるので、日本人全員が「過程尊重」の精神を持っているわけではなく、「目的指向」の人も「パイオニア精神」の人もいる。外国でも同様。だから、「一般的に」「相対的に」「傾向がある」「多くの場合」などという限定句を適宜差し挟んで、読んでいただけるとありがたい。

また当然「過程尊重」のマイナス面もあるので、それらの是正は行うべきである。ただ自分の思考・行動が「過程尊重」から来ていることを理解しないと、マイナス面も見えないと思う。

最後にもう一度言いたいこと。

attachment 2.png

(稲の苗を植える女性、早乙女。豊作を祈る神聖な儀式。おそらく早乙女の役割を終え笑顔で記念写真を撮ってもらった若い女性たち。戦中か戦前の写真と思われる。出典:ウィキメディア・コモンズ)

欧米人に「日本人は働き過ぎ」などと言われたくない。「日本人は人生の楽しみ方を知らない」なんて言ってもらいたくない。

「仕事をすることが生きがいで人生そのもの」「仕事をきちんとすることにこそ、幸せがある」と思って何が悪い。

だからこそ「過程尊重」がきちんとできる働き方を、時代に合わせ新たに作り上げるべきなのである。そこに日本人の生きる道があると私は信じている。

(追記)浅学でなんの権威も権力も持たない私の単なる私論ではあるが、自分としてはかなり本質を突いていると思っている。いつか軽井沢を訪れる外国人に通訳ガイドをする時には、これら日本文化をしっかり伝えたい。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 人類学
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。