2018年09月28日

犬は三歳児と同じくらいの知能があるんです、と言ったら・・・


東京の多摩ニュータウンは広い歩道、街路樹、木々と芝の公園があちこちにある「緑の街」。ジブリのアニメ「平成狸合戦ぽんぽこ」のモデルともなった大規模開発の環境重視型計画都市である。

もともと「多摩丘陵」なので地形は起伏に富み、走るのが好きな我が家のワンコにとっては、上ったり下りたりと走り甲斐のある公園が多かった。

公園は広く、25メートルの長さがある特別なリードを使って50メートル(以上)を思い切り走らせることもよくあった。犬はそもそも走る動物なのだが、普通の散歩だとそんなに走らせる飼い主はいないため、子供たちが我が家のワンコが走っているのを見ると、犬の疾駆を見たことがないのだろう、「すげー、はえー」と驚いて大騒ぎ。「ボルトとどっちが速い」なんて訊かれて、「うちの犬よ」と妻はつい言ってしまうのだった。

runningLiu_tamacenter.jpg
(多摩中央公園の芝生を疾走するうちのワンコ。見えないが25mリードがついている。「待て」をさせ、まず私が25m先に移動。「おいで」の合図で、おやつを持ったはるか向こうの妻をめがけて走り出すワンコと同時に私も全速力で走る。私が追いつけなくなってリードが伸びきった時点で疾走はお終い。こうしてワンコは「50m+飼主が走れた距離」を思い切って走れるわけだが、それでもワンコは物足りなく、飼主は息絶え絶え。)

私たちが5年前まで住んでいた多摩ニュータウンの一街区、若葉台(稲城市)は新しい街だったので、小さな子供を連れた母親たちも多かった。

よちよち歩きの子供たちは、怖がりもせず「ワンちゃん」と言いながら、散歩中の犬に近寄ってくる。

我が家のワンコは他の人や犬には決して吠えたりせず、いつも穏やかなので、そんな小さい子供が寄ってきても、黙って触るにまかせていた。もちろんほぼあり得ないが不測の事態を防ぐため、リードはちゃんと掴み、ワンコも押さえている。

そうした若い母親たちと立ち話をしていると、大人しい我が家のワンコは「お利口ね」と言われる。まあ、きちんと普通のしつけをすれば、たいていの犬は「待て」「お座り」「お手」「伏せ」などはできる「お利口」な動物である。

そして私もまた、目の前の三歳児くらいの子供を見ていると、つい言ってしまうのだ、「犬は三歳児と同じくらいの知能があるんです」と。

これを聞いた若い母親たちの反応は二通り。

「そうなんですか」と笑顔で驚く。これはつまり「犬もけっこう賢いんだね」「うちの子供と同じくらいの知能なんだね」と犬を肯定的に捉えている、ということ。

もう一つは、「はあ」とちょっとこわばった表情になって反応が鈍い。つまり「うちの子を犬と同列に扱うなんて、失礼な」と内心怒っているということ。

後者の場合、「しまった」と焦る。

これまでの経験から、前者の反応の方が多い。その場合は、犬の賢さを知っていて、それでもなお人と犬との知能の違いはわかっている人たちであろう。

後者は、犬との関係があまり深くないのだろう。だから人間と動物は違うんだ、と誤解している。

実際のところ、犬の知能は人の三歳児以上という人もいる。そして犬と暮らしてわかることだが、人と犬とは思考パターンが同じ部分もけっこうある。それは、人間も動物であり、同じ哺乳類なので脳的には重なっている部分があるからだ。

例えば、私も食後、妻が冷蔵庫から何かを取り出そうとしているとき、うちのワンコと同じ心理状態でいることがある。「何かおいしいもの(デザート)が出てくるかな」という期待感である。そのとき、その期待感以外の思考はない。その時私とワンコは一体化しているのだと思う。

多摩ニュータウンは、ペットのしつけ先進地域。どこの公園に行ってもたいていの犬はきちんとしつけができていて、大型犬でも和犬でも吠えかかってくるようなことはほとんどない。そして、「犬立入禁止」の芝地も一切ない。

ニュータウンの中心地「多摩センター」駅から歩いてすぐの中央公園では、休みともなれば広い芝地に家族連れやカップルがシートを敷いて、お弁当などを食べている。グループでダンスの練習をしたり、楽器を弾いている若者やおじさんたちもいる。犬もいっぱいいる。しかし芝地にウンチなどない。

そんなペット先進地から引っ越してきた、犬に優しい町軽井沢。ペット連れが多く、ペット同伴可の店も多く、人々のワンコを見る目はあたたかい。「芝生ペット立入禁止」の公園があるのは残念だが、観光地ということもあり、特に気を使うのであろう。また、住民だけが犬の散歩をさせるわけではないので、「旅の恥(ウンチ)はかき捨て」という人もいるのだろう。

観光客の多いプリンスアウトレット内の芝生は一部を除きペット可。ペットが入れるお店も増えており、我がワンコの好きな「散歩スポット」の一つである。

プリンスアウトレットでは、けっこうたくさん親子連れを見かける。やっぱり三歳児程度の子供は、「ワンちゃん」と言って寄ってくる。そしてまた懲りずに、つい言ってしまうんだ。

「犬は三歳児と同じくらいの知能があるんですって」と。

返事は意外にも、「そうなんですってね」と笑顔で返されることが多い。さすが軽井沢に来るということは、犬についての理解もある、ということか。

しかし、これからは相手の様子を見ながら、犬に親しみを持っているかどうかなど見極めたうえで、物を言うことにしよう。

実際に人に言われたことで、納得したのは、「子供は三歳まで犬と同じだけれど、そこから人間になっていく」というもの。

そう、三歳児はそれからどんどん人間になっていく。ところが犬はいつまでたっても三歳児のまま。

もうすぐ13歳で人間でいうと「68歳」に相当するが、子犬のようによく走る我が家のワンコも、永遠の三歳児である。

kid-cat-dog.jpg
(ヒトとネコとイヌのスリーショット。みんな似たような賢さ?)


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

posted by ロンド at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の驚異
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。