2018年12月07日

大統領の憂鬱

Make America Great Again! (MAGAと略されている)と叫ぶかの国の大統領は、日本でもあまり評判は良くない。もちろん他の国々でも当然不人気だ。発言や行動があまりに突拍子もなく、極端で、不適切だから、不評は当然かもしれない。

テレビに出てくる評論家やコメンテーターの日本人を始め、日本語が達者なアメリカ人タレントたちも、かの大統領に対しては辛口である。かの国では、ハリウッドスターの多くも、自国の大統領に批判的である。

メキシコ国境に壁を作る、中東系の人々を閉め出す、自由貿易を抑制し保護貿易政策を採る、「フェイクニュース」といってメディアを叩く、ロシア疑惑、ロシア疑惑を捜査するFBI局長を更迭する、などなど、まさか「MAGA」差したわけでもなかろうが、人道的で民主的で理性的で知能の高い「文化人」だったら眉をひそめるような行為の連続である。

私も「一般人」ではあるが、同感であった。

President Trump.jpg
(トランプ大統領。トランプ家はドイツからの移住民。もとは Trumpf という綴りで、元々の出身地は、ドイツのカールシュタットという町。その基となったトランプ家からアメリカに渡った子孫で名をなしたのが、大統領のトランプ家と国際的食品会社となったハインツ家とのこと。)

国内外で不人気ではトランプ大統領も憂鬱だろう、と思ったが、そんな様子はない。

なぜかといえば、彼は自国で少なくとも5割の国民(有権者)から支持を得ているのだ(だから大統領に選ばれたわけだ)。調べてみると、トランプ支持者は主に白人労働者だという。

大統領を支持している白人労働者にとっては、中南米からの違法・合法含めた移民が増えては困る。中国などから安い輸入品が入ってくると困る。自分たちが作ったものが売れなければ困る。中東系の住民がいなくても困らない。セクハラ、パワハラ、健康志向、人種差別、銃規制なども大切だが、それ以上に自分たちが生きていくことのほうが切実な問題、なのだろう。

大統領候補トランプ氏の主張に賛同したから白人労働者たちが支持したのか、白人労働者たちの気持ちに添おうとしてトランプ氏が方針を打ち出し、大統領に選ばれたのか、私にはわからない。

いずれにしても、白人労働者たちの状況は、大統領に辛口ないわゆる「文化人」(上流階級の人たち、高学歴高収入の人たち、映画俳優などの文芸人、国際的企業で働く優秀な人たち)には実感として理解できないのかもしれない。

白人労働者の立場は、当然日本人にもあまり理解できないだろう。私だって、メキシコ国境から越境してくる人々がアメリカに密入国して大変だ、と頭では理解しているが、その切実さはわからない。

フェイクニュースとしてトランプ大統領に叩かれているマスメディア。白人労働者たちは、マスメディアをどう思っているのか。

一般的に、大統領を支持する白人労働者たちは、「経済的苦境」ゆえに大統領を支持している、と言われていたが、別の説を唱える学者が現れた。白人労働者は、現代アメリカの多国籍文化において自分たちの「(白人としての)地位が脅かされる」ことへの不安からトランプ大統領を支持している、というのだ。そしてマスメディアはこの説を大々的に取り上げたという。

どちらの説が的を射ているのか、私にはまったくわからないが、「経済的苦境が理由ではない」と言われた白人労働者の心境は如何に。

farm-587761_1280.jpg
(アメリカの農民。資料写真)

大統領の言動だけ見ていると、首をかしげたくなるが、うわべだけで判断しては良くないのだろう。うわべだけでしか判断できなかった私の文化度は、しょせん上っ面だけのものだった。

うわべだけの判断は良くない、ということは、ひょっとしてロシア疑惑もフェイクだし、マスメディアは反大統領派で、偏向報道になっているのかもしれない。これまでのアメリカの通商方針は国の基礎を作ってきた労働者たちを冷遇しすぎていたのかもしれない。

あるいは、大統領に対する疑惑はやはりすべて事実なのかもしれない。

私には到底判断できない。となれば、どんなことも鵜呑みにしないことが、一番無難なのではないだろうか。

ということで、もとより喝采も糾弾もしないが、むやみに批判することもやめにしようと思う。彼も市民に選ばれ大統領になったのだから。

ただ、市民の支持を得ている、ということについて注意は必要だろう。太平洋戦争前、苦境にあえぐ日本の農山漁村の救済を標榜したのが軍部で、彼らの支持を得た軍部は大きな力を持ち、結局日本を大変な方向に持って行ってしまった。農民たちは「救済」を求めていたのであって、「戦争」を求めて軍を支持したわけではなかった。

国民の支持は為政者により乱用されることは多い。今でも日本始めどの国でもそういう危険性はあるのだ。

一市民の私は「どんな報道も鵜呑みにしない」だけで、自らの知性で真実を探り当てることができないのは、情けないと思うが、日々生きることで精一杯なのだ、としておきたい。

さて明日も仕事である。「表層崩壊」に関する土砂災害関連報告書の和文英訳が待っている。残念ながら、私の文化度は表層崩壊しているように思えるが・・・。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

posted by ロンド at 17:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 国際
プロフィール
ブログネームは、ロンド。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。今年還暦に。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 ロンドは、フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 リュウ(13歳)は、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。