2017年04月14日

追分宿に行ったら、たい焼きを食べよう

IMG_8878.jpg

追分宿といえば、たい焼きですか?

たい焼きです。

人によっては、ささくら(そば屋さん)や一歩(パン屋さん)かもしれません。

でも、「いつでも気軽においしく食べられる」という一番地元に密着しているお店は、このたい焼き屋さんですよ。

Taiyaki_Kyaku.jpg

ライ麦パン屋さん「一歩」の向かいにある「たいやき さとう」のたい焼き屋さん。
開店は4年前。地元の人たちにも楽しんでもらえるおいしい食べ物を、ということでたい焼き屋を始めた佐藤さんご夫婦。

見た目は普通のたい焼き・・・ではなくて、耳付きのたい焼きです。

持って、どっしり
餡が、たっぷり
食べて、まんぞく

餡は、北海道産の小豆に、砂糖、塩、水飴をまぜ、余計な添加物なしに毎日練って作っているそうです。
砂糖は数種類を使って、甘みを抑えた味を作り出しています。

紫がかった薄い色の餡は、おいしさの証し。懐かしく優しい味。子供の頃に母が作ってくれたおはぎを思い出します。

皮は信州の小麦粉。耳が付いています。
2年前追分に来た当初は、確か「耳」はなかったはず。

Taiyaki1.jpg

ずっと気になっていたので、お聞きしたら、「耳を付けてくれ」というお客様の要望に応じて耳を付けたままにした、とのこと。
そしたら「耳付きのたい焼き」で、また評判になったそうです。

パンの耳をおいしいと言って好んで食べる人がいます(我が家もそうです)。
たい焼きの耳も同じなんですね。ちょっとパリっとしたところに、信州産小麦粉のおいしいところが味わえるのですね。

Taiyaki_Kyaku2.jpg  Taiyaki_Satosan.jpg

追分宿に来たら、たい焼きを食べましょう。

たい焼きの
味の決め手は
あんにあり

お味がよろしいようで



読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
【おいしいものの最新記事】
posted by ロンド at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしいもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179419852
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。