2017年08月30日

それぞれのビッグニュース!


ビッグニュースは人によって違います。

ミサイル飛来! そりゃビッグニュースです。私たちの安全に係わってきますから。

天皇皇后両陛下軽井沢でご静養。毎年予定されていることですが、軽井沢住人にとってはうれしいニュースですね。

「追分の大部分が火砕流に覆われていた」、とか「追分キャベツ」は火山弾のようなもの、とか、この周辺に住んでいる人なら、「えっ、そうなの!?」くらいの反応はあるかもしれません。でも私にとっては心躍る発見でした。

金星の雲が金星自体の回転速度より早い速度で動いている(時速90キロ)ことがわかった。一部の科学ファンにはビッグニュースですが、大多数の一般市民にとっては普通の科学ニュースで終わってしまいそうです。

恐竜の子孫は鳥だった! けっこう古いニュースですが、当時は画期的な発見だったはず。映画「ジュラシック・パーク」でもそう言われていました。さらに同映画のシリーズでテーマとなった「恐竜はけっこう頭が良かった」(群で狩りをするヴェロキラプトルのこと)が今では事実として受け入れられています。今後は「ヴェロキラプトルは羽毛で覆われていた」という化石からの発見で、同映画でも「羽毛で羽根が生えたヴェロキラプトル」が登場するかもしれません。

Velociraptor_mongoliensis.jpg
(羽毛に覆われ羽根を持ったヴェロキラプトルの想像図)
[Photo by courtesy of By I, ArthurWeasley, CC 表示 2.5, Link]
 
映画「ジュラシック・パーク」の大ヒットで、かつては恐竜ファンも多かったと思いますが、今は下火ですかね。一般市民にとっては、あんまり興味を惹くものではなくなってしまいました。

さて、本当は人類の成り立ちに関連がある、ビッグニュースがあるのですが、どうもほとんどの人々にとっては「どうでもいい」ことになっているものがあります。

このニュースが報じられたのはもう数年前になります。「人類はネアンデルタール人のDNAを持っていた」というもの。つまり、ホモ・サピエンスとネアンデルタールは交配していた、ということ。しかも、ネアンデルタールのDNAを持っているのは、約6万年前に人類発祥の地アフリカを出たホモ・サピエンスのグループの子孫たち。アフリカに残ったホモ・サピエンスの子孫には、ネアンデルタールのDNAはありません(彼らが純粋のホモ・サピエンスということ)。

これはすごいニュースなのですが、私もあなたもネアンデルタール人が祖先にいる、ということですよ。

だったら何なの。それを知ったからといって、私の風貌が変わるのか、私の生活が楽しくなるのか、私の収入が増えるのか、私の病気が治るのか、と言われても、困りますが・・・

ネアンデルタール人なんて知らない、という方のために、短く人類学の事実を解説します。

今の人類は学名を「ホモ・サピエンス」。ネアンデルタール人は「ホモ・ネアンデルターレンシス」。ネアンデルタール人は約40万年前には発生していたようですが、ホモ・サピエンスの出現は約20万年前です。何から今の私たちの容貌をしたホモ・サピエンスが生まれたか、わかっていません。

ホモ・ネアンデルターレンシスとホモ・サピエンスは系統的に別の人類。ネアンデルタール人がホモ・サピエンスになったわけではない。以前は、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスは交配できなかった、あるいは、交配しなかった、と思われていました。

ちなみに、日本語でいう「原人」「旧人」「新人」に相当する英語は存在しません。この3つのくくりは今では不適切で誤解を生むと思います。

かつてネアンデルタール人は、野蛮で愚かな「旧人」で、知恵に勝る「新人」との生存競争に負け滅んだ、とか言われていたものですが、今では「背広着て街を歩いていたら、たぶんわからないかもしれない」と言われるようになりました。大出世です。

image_1837e-Neanderthal.jpg
(背広を着たらこんな感じ、という想像写真。けっこう渋いおじさんになっている)[Photo by courtesy of H. Neumann / Neanderthal Museum]
 
以前は、ホモ・サピエンスがかっこよくてネアンデルタールは醜い風貌と考えられていましたが、事実は逆だったかも。

ネアンデルタール人の方が「金髪、碧眼、筋肉質で今風の彫りの深い美男美女」であって、ホモ・サピエンスの男女がぜひ懇意になりたかった。

Scarlett Neanderthais.jpg
(スカーレット・ヨハンソン風にアレンジしたネアンデルタール女性の想像写真。「ネアンデルタール女性が魅力的過ぎたから、滅んだ」という学者もいる。)[Photo by courtesy of here]
 
あるいは「ネオテニー(幼形成熟。子供のころの特徴が大人になっても残る現象)が特長だった可能性を示唆されているホモ・サピエンスの男女が、子供っぽく見え、ネアンデルタール人に「チャイドル」視されたのかもしれません。

数はホモ・サピエンスのほうが多かったので、必然的にネアンデルタール人のほうがホモ・サピエンスに吸収されていって、純粋なネアンデルタール人が絶滅した、という見方もできるそうです。

遺伝子的には、身体的特徴(肌の色、髪など)やある種の遺伝的疾患、免疫系などもネアンデルタール人由来のものがあると言われています。

恐竜は鳥となって現代に生き残っている。同じように、ネアンデルタールは今、私たちの中で生き続けているのです。

chong.jpg
(今は風になって追分の森を飛び回っている、かつて飼っていたわが家の文鳥「チョン」。この体型、けっこう「ヴェロキラプトル」に似ているんです。)
 
これは私にとって驚天動地のビッグニュースでした。

だからといって、私たちの体が突然マッチョになるわけではなく、私たちの生活が突然豊かになるわけでもないけれど! でも、「多くの様々な人々(人類)が係わって今の私たちがいる」ということを知れば心が豊かになりませんか。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 人類学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180830467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。