2018年02月20日

どす、だす、です


志村けんのコントではない。日本語のお話。

「そうどす」「そうだす」の「どす」「だす」はテレビドラマなどで聞いているし、関西の方言であることは知っていた。しかしどっちがどっちとか大阪だとか京都だとか、そういう認識はまったくなかった。

ところが、NHKの朝ドラ「わろてんか」で、京都生まれの主人公てんが「どす」を使っていたら、「だす」の大阪人に揶揄されるシーンがあって、「そうなんだ」と思った次第。

maiko.jpg
(舞妓さん)

調べたら、大阪の「だす」は「で・やす」、京都の「どす」は「で・おす」が縮まったもの。「やす」も「おす」も現代語でいう「(・・で)ある」の丁寧語のようなものらしい。

標準語では「です」である。「です」も「で」+「そうろう(候う)」、「ございます」、「あります」などのような言葉が短くなったものという(どれかははっきりしていない、全部かもしれない)。

どれも近世(戦国時代から江戸時代ごろ)にできたものとのこと。その前はなんと言っていたのだろうか。

私は仕事柄(英語・日本語翻訳業)、言語には興味があって、いろいろな言葉を勉強したこともある。翻訳していると英語以外の外国語も出てくることがあり、ヨーロッパ言語などちょっとでも文法を知っていると役立つ。だからヨーロッパ各国語の辞書も持っていた。ドイツ語、イタリア語は値の張る本格的な辞書を揃えた。今ではほとんどオンラインで外国語が調べられるので楽ではあるが、紙の辞書で育った私にはちょっと寂しい。

言語関係の本もけっこう読んだ。

言語学においては、言葉というものは、どんどん短く省略されていくものらしいが、つまりは過去に遡れば言語はもっと複雑だったということ。古代ローマ人が使ったラテン語や、古代インド人が使ったサンスクリット語なども、「最初は複雑な文法構造があったが、次第に簡略化されていった」そうだ。

日本語も「です、ます」は極端にいえば「で○○○○」「ま○○○○」が「です」「ます」と簡略・省略されたもの。まあなんと大胆な変化。

この簡略・省略というのは、なんだかとてもおもしろい。

「わろてんか」でも、「おおきに」をよく使う。Thank you. の意味だとは知っていたが、「おおきに、ありがとうございます」という場面がよくあって、「それって、リダンダント(redundant = 表現が余計、冗漫な)じゃないか」と思っていた。

Osaka castle.jpg
(大阪城)

でも「おおきに」は「とても、たいへんに very」の意味だったんだ。「Thank you very much.」が「おおきに、ありがとうございます」だった。

そういえばちょっと前の朝ドラでも「だんだん」というのがあった。「だんだん」は出雲地方の方言(その他西日本ではあちこちで使われているらしい)。「Thank you.」だが、江戸時代に生まれた言葉で「重ね重ね」の意味。これも「おおきに」と同じ、本来は「very much」の意味。

日本語はおもしろいね。「まくらことば」が独り立ちしてしまう。

「こんにちは」だって「Today」であって、そのあとに「ご機嫌いかが」とか「よいおひよりで」とか言うつもりだったのが、最初だけで終わってしまった。

「さようなら」も同じ。挨拶やお話が終わったようなので、「さようならば(直訳は、If it is so かな)」と言って「おいとまします」とか「ごきげんよう」とか言っていたのが、後半が省略されてしまった。英語でいえば「Well, then, good-bye.」という感じか。

その現代版が「じゃーね」だが、「じゃ、また」なんていうのは、直訳すれば「Well, again」であって、お別れの言葉そのものを使わないでお別れとするなんて、なんとまあ「本質を言わずにわからせる」日本人らしい。

お礼や挨拶の「どーも」は、なんだろう。「どうも、むずかしいらしい」とか「どうも、うまくいかない」とか、それが「どうも、ありがとう」に使われるようになったのは、どうしてだろう。さらに「こんにちは」の意味でも使われている。

日本語はおかしな言葉だ。

「どす、だす、です」は、「です」が標準語になっているが、実際には「江戸弁」だったはず。首都が江戸に移らなければ、標準語は「どす」か「だす」だったかもしれない。

関西の人たちは悔しいだろうな。私は甲斐の生まれなので東(あずま)言葉ではあるが、「標準語」でもないので、どちらでもいいんだけど。

しかし、移住者が多い軽井沢は別として、小諸とか佐久とか、私の聞く限りだが、「なまり」がほとんどない。「甲斐」はけっこう方言があるし(「づら」「じゃん」など)、イントネーションも特徴があるのに、甲斐よりもっと奥(失礼!)にある佐久地方になまりがないのはどうしてだろう。不思議だ。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

posted by ロンド at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 言語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182458931
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。