2020年08月18日

本当の軽井沢 – コロナ禍に抵抗するリゾート


軽井沢は、避暑地か。庶民的リゾートか。金持ち向けの高級別荘地か。食べもののおいしい街か。大規模アウトレットモールのあるショッピングタウンか。

軽井沢といっても、現在ではいろんな側面がある。

人口わずか2万人の町に、年間840万(2019年)の観光客が訪れる。新型コロナウイルスが世界を席巻している今、軽井沢は年初に外国人客も多く、現在でも次第に観光客が増えている。それなのに、なぜコロナウイルス感染者がほとんど出ていないのか(2020年8月18日現在)。誰もが疑問に思うことではないだろうか。

もし今後陽性者が多数出たりクラスターが発生したりしなければ、なぜ日本有数の観光地軽井沢が新型コロナ感染の渦から免れているのか。それに対する私なりの答えは「本当の軽井沢」にあった。

Umbrella Sky.jpeg
(中軽井沢のハルニレテラスで毎年梅雨の時期に行われる「アンブレラスカイ」。この日、2019年6月10日はちょうど雨が降っていた。今年のアンブレラスカイはコロナ禍のため残念ながら中止となってしまった。)

誰もが知っているように、「避暑地としての軽井沢の魅力を発見した」のは宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーである。

桐山秀樹、吉村祐美著「軽井沢の歴史と文学」を参考に、軽井沢誕生譚をまとめてみた。

軽井沢一帯は、軽井沢、沓掛、追分の中山道3宿をのぞき、長い間荒れ地だった。英国国教会宣教師アレキサンダー・ショーが、明治政府に招聘された教育者ジェームズ・ディクソンと共に軽井沢を旅した明治19年も、そうだった。明治に入ってから江戸時代の幹線道路中山道とは別のルートで鉄道と国道が作られたため、3宿もすっかりさびれてしまっていたが、二人は軽井沢宿にひっそり残る宿屋「亀屋」(後の万平ホテル)に泊まった。

実はこの二人以前に、多くの外国人が軽井沢を訪れ、その素晴らしさを記録に残している。ガイドブックまで作成したのが、日本史にもよく登場する英国公使館通訳アーネスト・サトウ。

当時の日本人にとって軽井沢は、浅間山の天明噴火(1783)による傷跡がそのまま残る、「五穀生ぜず」と言われた「荒野」であったが、欧米からの外国人にとっては、夏になると草花が美しく咲き乱れる草原と青々しい森の、欧州の故地を思い出させる「懐かしい風景」であり、冷涼な気候と乾燥した空気の「健康的避暑地」だった。

ではなぜショーとディクソンの名が軽井沢誕生の立役者として記憶されるようになったのか。二人はあまりの美しさに魅了され「家族を引き連れ避暑に来た」からだった。それ以前の外国人たちはただの旅行者。だが二人は避暑を目的とした初めての外国人長期滞在者となった。そして当時の外国人コミュニティに軽井沢の避暑地としての素晴らしさを伝え、やがて日本人の有力者も別荘を持つようになり、こうして軽井沢の避暑地としての歴史が始まった。

明治以降、外国人に見いだされたリゾート地の日光や箱根とは異なる軽井沢の魅力は、ショーとディクソンに帰せられる。

ショーはキリスト教の宣教師。その高い宗教的道徳心をもって家族と共に「健康的で質素で地元の人々を大切にする生活」を送った。軽井沢の別荘所有者第一号でもある。高原野菜の栽培も教え、「五穀生ぜず」の軽井沢一帯がその後、高原野菜の産地となった。

Shaw Memorial Hall.jpg
(アレキサンダー・ショーが最初に建てた教会。今は「軽井沢ショー記念礼拝堂」として一般公開されている。)

ディクソンは大学教授らしく、亀屋の主人佐藤万平を通して、西洋式の生活習慣を軽井沢に取り入れるよう、努めた。そして牛乳の作り方、パンの焼き方など含めた西洋型のリゾート生活様式が軽井沢に確立していった。

こうした理念のもと軽井沢はさらに発展する。

岡村八寿子著「祖父野澤源次郎の軽井沢別荘地開発史」によると、軽井沢開発史には4人の人物が係わっている。

まず日比谷公園や大濠公園を設計・改良した造園家、本多静六(1866-1952)。彼は、長野県の委嘱を受け「軽井澤遊園地設計方針」を作り、回遊道路、植林、造林など自然を活用し、かつ利便性のある街作りの基本設計を行った。

次に独自に渡米、帰国後洋風住宅の建築業を始めた橋口信助(1879-1928)。アメリカ滞在中、「真の別荘地とは何か」を学び、軽井沢にてその理想を実現すべく努力した。

そして関東大震災後の東京復興計画を立案し実行した政治家、後藤新平(1857-1929)は、豊富な海外経験を元に軽井沢の都市計画案を提供した。

第4の人物は、実際に軽井沢の原野を買収し、今につながる街並みを持った軽井沢を開発した野澤源次郎。彼を動かしたのは、上記の3人の先覚者たちだ。

かくして、日本有数のリゾート別荘地「軽井沢」が誕生した。整った道路網、森の中の散歩道、雲場池、植林された森(そのため湿度は高くなったが)、公共施設など、当時としては先進の田園都市機能を備えていた。

軽井沢のどこが、他のリゾートと違うのか。

突き詰めて言えば、軽井沢にはショーのキリスト教的清潔さ、質素さ、正直さが生きているからだと思う。

「娯楽を人に求めずして、自然に求めよ」とは、軽井沢に別荘を持った外国人コミュニティのスローガンであり、今でも軽井沢のスローガンとして使われている言葉である。だから、軽井沢の朝は早く、夜も早い。

リゾートとは本来保養地のことである。軽井沢は気候的・環境的にもまさしく健康回復を目的とした「保養」に向いていた。ショー曰く「屋根のない病院」だ。

別荘地とは何も金持ちだけのものではない。前述の橋本信助が提唱しているように、「都会で疲れた人々が心身とも英気を養うところである」「善良な風俗と正常な生活環境があり、婦女子でも安心安全に過ごせる場所である」「知的レベルの高い文化施設が整備されているところである」。

前述の4人を含めた軽井沢開発の先駆者たちは、ショーの質素で自然と共にある避暑・保養・別荘生活の理念を十二分に理解していたから、今の軽井沢がある。

住宅や商業施設など様々な規制がある軽井沢町だが、町としてはただただ「軽井沢誕生の基本理念」に忠実なだけである(商業主義が跋扈する現代ではそれがとてもむずかしいことなのだ)。

新型コロナの感染嵐をなんとか遠ざけている軽井沢。どうしてかは、「軽井沢の基本理念」を考えてみれば、納得である。

ウイルス感染の大きな要因は、「密」と「口からのエアロゾール拡散」という。

自然、人々、質素、健康を大切にするショーの理念を引き継ぐ軽井沢には、「夜の街」はない。風俗もない。高地ゆえ、空気もきれいで、殺菌力のある紫外線も降り注ぎ、フィトンチッド溢れる森があり、空間的にも余裕がある。

軽井沢の歴史を知らない娯楽目当ての観光客も、ショーの遺産である軽井沢の雰囲気に包まれると「ここは普通の観光地とは違う」ことを感じ取り、「家族・友達と過ごす落ち着いた時間の大切さ」を感じるに違いない。だからどんちゃん騒ぎしたりハメを外したりしない、いやできない。

Kumobaike.jpeg
(雲場池でウェディング記念写真撮影。たぶん二人は台湾からの観光客だったと思う。)

「ノブレス・オブリージュ(Noblesse oblige)」とは、一般に「(資産、権力、知力など様々な)力を持っている者は、それ相応の責任がある」というような意味に理解されている。歴史的にも、高貴な者が文化・文明を作り上げてきた面はある。軽井沢の別荘地としての文化もそうである。

学者、作家、音楽家、俳優など、社会的に成功した人々も、たくさん軽井沢に住んでいたり、別荘を持っていたりする。そういう人々が良い意味での高貴な精神を発揮し、今後も率先して軽井沢の文化を守ってもらいたい。

そして今は庶民もかつて高尚だった高度な文化的活動を普通に行うことができるようになっている。軽井沢の保養地・別荘地としての文化は、ショーが考えたように、軽井沢の理念に賛同する者であれば、経済的格差に関係なく誰でも共有できる。

富裕者、一般庶民、行政、商業者、そして観光客。こうした様々な人々が、ショーの見た「本当の軽井沢」に共感し、それを共に維持していけることが、理想だろう。

最後に、今後どうしても抗いきれない感染の波が軽井沢を襲ったとしても、「本当の軽井沢」の理念は揺らぐものではないと信じている。


読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


posted by ロンド at 16:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽井沢

2020年07月01日

大都会を逃れどこに移住しよう


楽し都、恋の都、夢のパラダイスよ、花の東京

藤山一郎歌う「東京ラプソディ」は、今でもまさしく東京を正しく形容している、はずだが、今回のコロナ禍で「移住したい」と思う人たちが増えているという。

大都市圏では、人が多すぎて感染のリスクが大きいことがわかり、「やむを得ずテレワーク」した結果、家族と過ごす時間の大切さを実感した、ということだろう。

移住候補地として関東近隣各地が挙げられている。

気候の暖かいところがいい、海の見えるところがいい、風光明媚なところがいい。好みは様々だ。

だが、東京が「花の東京」ではなく「酷な東京」に感じられたのは、「コロナ禍」のせいだけなのか。

7年前、我が家が東京の多摩ニュータウンから軽井沢に移住した最大の要因は、3.11、東日本大震災である。

ちなみに自宅で実務翻訳に携わる私の専門は、土木・建築およびそこから派生する河川、道路、災害など。仕事を通じ、「自然災害」「災害による被害」「地震と建物の関係」などの(一般公開されている)知識が身についた。

だから、どんな地震が東京に来そうか、その時の震度はどのくらいか、そういう地震が来たらどんな建物がどんな被害を受けるのか、そういう予測データは持っている。

読者を怖がらせるつもりはないが、はっきり言わせてもらうと「震度6強で1981年以前に建てられた旧耐震基準での建物は、かなりの被害を受ける」(つまり、半壊以上)ことがわかっている。

国や東京都が想定している直下型、海溝型、活断層型の地震では、広範囲で震度6強以上の強震に襲われる。旧耐震の建物はまだまだ多いのだ。

では新築で被害を受けないのならいいのか。3.11で数百万の「帰宅困難者」が出た。もし交通インフラが長期間遮断されたら、どう帰宅するのか、さらに誰がどうやって食糧を都民に届けるのか。

それだけではない。大規模地震が起きたら、富士山も噴火する可能性が高いと言われている。マグマや火砕流は東京に届かなくても、火山灰は風向きから言って関東方面に流れることが多い(1707年の宝永噴火では江戸に降った灰は厚さ最低2センチと言われている)。1センチでも積もったら、どうなるか。すでにシミュレーションで結果は出ている。火山灰の微粉で肺や目に被害を受け、電気も水も止まり、食糧も枯渇し、逃げることさえできない1400万人はどうなるのだろうか。

東海地震、南海トラフ地震などのプレート型地震では、津波が必ず起きる。「海の見える景勝地が移住先候補」なら、震度6以上の揺れとそれに続く津波を覚悟しておく必要がある。

そんなリスクがあっても気にしない、「花の東京」で生きたい、という人は別にして、本気で「移住したい」と思っている人は、自分で住む場所を選べるのだから、どんな場所なら本当に安心安全なのか考えることが重要ではないか。

地方都市ならどこでも良いわけではない。災害大国日本では、活断層、土砂災害、津波など災害リスクはどこでもある。

じゃあ、津波が来ない内陸で、活断層がないところ、洪水や土砂災害がなさそうなところはどこか(例えば各地の活断層図やハザードマップなど調べればわかる)。

私が住む軽井沢の追分は、そういうところだ。軽井沢を含む佐久地域は、活断層が存在しない(と言われているし、過去に大規模直下型地震が起きた記録もない)(「ちょうどよい軽井沢」)。

どんな大規模地震が起きても、佐久地域は最大震度5強程度と予測されている(例えば「南海トラフ被害予想」)。5強では、通常被害はそれほど多くない。けっこう平坦な地形が多いので、川沿い、崖沿い、急斜面地など避ければ、洪水や土砂災害に対しても安心できる。

環境も良い。私は「安心して犬と散歩ができる街」が理想の居住環境だと思っていて、その点では多摩ニュータウンはまさに理想だった。車道も歩道も広く、街路樹が植えられ、あちこちに緑生い茂る公園があり、芝生で犬が自由に散歩できる。

普通の田舎も緑は多い。だがそれは居住区とは隔絶された「森」「山」であり、気軽に犬と散歩できるような「歩道」「公園」は少ない(最初からそういうふうに作られていない)。

ところが軽井沢は違った。旧軽井沢を始め、市街地や住宅地は森に囲まれている。「別荘地」として整備された森だから、密生せず、道が通り、車はあまり通らず、ゆっくり散歩できる。

コロナ禍で「外出自粛」もなんのその。人が少ないので、いつでも散歩でき、素晴らしい「森林浴」ができる。

リュウと御影用水.JPG
(誰もいない冬の散歩道。追分の御影用水温水路)

問題は仕事があるかどうか。我が家周辺は「テレワーク」自営業が多い。私のように、パソコンとネット環境があればどこでも仕事ができる人たちだ。

軽井沢を含めた佐久地域は、「手に職」の人にとっては働きやすい場所である。

まず「食」の職人といえば、シェフ、パティシエ、ブーランジェ(パン職人)。軽井沢は「おいしいものを食べてもらう」という精神が伝統になっていて、個人(家族)経営の自宅兼店舗というお店も多い。特にパンがおいしい。ケーキも、佐久市は日本三大ケーキの街の一つに数えられているほど、おいしいお店が多い(他の二つは神戸と自由が丘)(「そうだ 佐久、行こう。」)。

土建業も盛んだ。彼らは「繊細な技能」「複雑な計算能力」「優れた想像力」が必要な技能者である。バックホーを操り、木を切り、家を建て、家具を作り、「すごい」の一言に尽きる。「災害後」に最も必要とされる職業の一つでもある。腕の良い大工さんは引っ張りだこである。

木を切る.jpg
(木に登って枝を切る。実際はかなり揺れていた。人が乗った籠をクレーンで吊り上げて、切り落とすことが多いのだが、人が直接木に登って切る方がきれいな枝振りにできるという。)

リゾートなので観光業の仕事はもとより豊富だ。一流の仕事だってできる。中軽井沢の一温泉旅館を世界規模の観光企業に育てた星野リゾートの星野佳路さんは、コロナ渦の今、観光分野で新しい道を探るべく一人気を吐いている。

佐久地域だって、上田市など近隣諸都市を合わせれば人口30万超の商業圏になる。だから仕事もある。恋も夢もある。夫婦共働きであれば、東京で建てる家よりはるかに断熱性・気密性に優れた家を、90坪の土地に、東京よりはるかにお安い値段で建てることができる。

首都圏への通勤も可能。JR東日本によると2018年の新幹線通勤者は、軽井沢476人、佐久平952人となっている。

浅間山の噴火が怖い、という人は、私の記事(「予兆なし、浅間山噴火」「新浅間山ハザードマップの衝撃」)を読んでいただきたい。素人で恐縮だが、たぶん今後数十年は軽井沢にいても浅間山の噴火で避難というようなことにはならないと思う(過去の履歴や傾向を無視した突発的大変動があった場合は、ご容赦のほど)。

どうしても噴火が怖い人には、佐久をお勧めする。浅間山の噴火でもほとんど影響を受けない距離にあるし、もとより地震はない、川沿いを避ければ洪水のリスクはないし、平坦地が多いので土砂災害も少ない。

日本には、インフラも整備され教育・医療・子育て環境も良い景勝の地はたくさんあるだろう。だが、「災害に対しても安全」という場所は、意外と少ないのだ。

移住候補地として軽井沢(およびそこを含む佐久地域)をお勧めする理由を書かせていただいた。まったくの個人的意見だが、大都市を逃れ地方に移住したい方の参考になれば幸いである。


読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

posted by ロンド at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽井沢

2018年11月09日

列車の遠鳴りが聞こえるところ


庭にいるとき、列車の走る音がふんわりと聞こえてくることがある。


しなの鉄道は私が住む追分の東から南に向かって走っているのは知っていたが、1キロ近く離れているし、しかも線路は堀割を走っている。だから、その音が我が家まで届くとは思わなかった。

Train in the trench.jpg
(三両編成のしなの鉄道。撮影場所は、御代田と信濃追分の間)

たまたま列車が通っているとき東風か南風が吹いて、たまたま私が庭にいるときに聞こえる音だ。


木霊するようなガターンゴトーンという列車の遠鳴りは、不思議に気持ちが和む。


オーケストラの演奏でも、劇場内の「遠鳴り」は特別な音響効果があるという。間近で楽器が奏でられていると、音量は大きく音のぎらつきが体に響く。だが、遠くまで届く音、遠鳴り、は、様々な音がバランス良く混じり、適度な音量や音質となって、耳当たりよく響く。


遠くまで届かせるには、大きな音を出せば良い、というものではない。だから遠鳴りする音を出すには、かなり高度な演奏技術が求められるという。


列車の遠鳴りも、線路と車輪の金属音など耳にきつい音素が様々な音と組み合わさって、心地よく響く音に変わるのだろう。


列車の遠鳴りで心地よさ以上に感じるのものがある。それは、なつかしさである。


そういえば、生まれ故郷の甲府でも、列車の遠鳴りをずっと聞いて育った。当時住んでいた家から、南の方向に中央本線が通っていた。


実際は線路から我が家まで800メートルくらいしか離れていないが、そのころはもっと遠いと思っていた。


生まれ育った街は、道は広く、建物は高く、線路は遠かった。自分が小さかったから、回りの世界が大きく見えていたのだ。


列車の遠鳴りはそのころのイメージと重なり、郷愁を感じさせるのだろう。


テレビでは「鉄道の利用」を勧める鉄道会社のコマーシャルが流れ、鉄道をテーマとした刑事ドラマや、芸能人が日本各地を旅する番組などもある。特にコマーシャルは、魅力的な観光都市、地方都市、自然の風景が映され、耳に残る音楽が流され、いかにも「鉄道でどこかに行けば、良いことがある」と思わせるよう作られている。


それらは「鉄道の音=ノスタルジー」の連想を一般大衆に刷り込むには大いに効果があったことだろう。列車といえば通勤電車、という都会っ子でさえも、列車の遠鳴りを聞くと郷愁を感じるのではないだろうか。私もそう刷り込まされた一人かもしれない。


ただ私の場合、ノスタルジー以上に感じるのは「異界感」である。列車の遠鳴りを聞くと、とたんにイメージは夕暮れになり、どこか知らない世界への門が開くかのような雰囲気が自分の中に生まれるのだ。


私が幼いとき、遠くに行くには電車しかなかった。もちろん自動車はあったが、当時はまだ自家用車を持っている家庭は少なく、我が家も家族旅行は、いつも電車だった。


しかし 楽しかったはずの家族旅行なのに、なぜかどこに行ったのかほとんど覚えていない。


旅行の記憶は不鮮明だが、「どこか知らない場所」の夢はよく見た。今でも時々見る。自分の知っている、または見たことのある街に似てはいるが、実在してはいない街。しかし非常に鮮明な映像の夢。


ひょっとして、家族旅行で行ったのはどこか別の世界であって、戻ってきたときには記憶が消されてしまう仕組みになっている、異界旅行だったのかもしれない、などと夢想してしまったりする(spirited away = 神隠しに遭う。「千と千尋の神隠し」の英語タイトル)。


たぶん、幼い頃は世界が狭く、その世界の外に行く手段は鉄道だったから、列車の遠鳴りを聞くと、そういう異世界に行く、という感覚が生じるようになったのであろう。


ところが軽井沢に移り住んで、つい最近、列車の遠鳴りは聞かなくても、同じような「異界感」を感じたことがあった。


それは、軽井沢千住博美術館(http://www.senju-museum.jp)に行ったときだった。


幻想的な作品が多い絵画の中で、とりわけ私の足を止めたのが「月映」。中央に多くの線路が通っていて、向かう先はいくつものプラットホームがある駅。左右にはビルが立ち並んでいる。駅も建物も地平線まで続き、空には月が浮かび、月光で風景が夕暮れ時のように見える。


この作品が描く世界は、知っているようで知らない世界。そこは鉄道が象徴的な位置を占めている。


列車の遠鳴りを聞く度に感じていた異界感が、目に見えるものとして現れたのが、千住博の「月映」だった。

Reflected moon 2.jpg
(千住博の「月映」。撮影が許可されている期間に、千住博美術館にて撮影)

千住博画伯といえば、代表的なモチーフである「滝」。その発展形という「地の果て」。見ていて冷たさを感じるという人もいるが、不思議に引き込まれてしまう世界観がある。


それらの淡色系作品に比べると、「月映」は温かみがあると言えるが、「別世界」の感覚は強かった。


リゾートであり観光地であり、文壇や画壇を惹きつけてやまない軽井沢そのものが、異界なのかもしれない。



読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
posted by ロンド at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽井沢
プロフィール
ブログネームは、ロンド。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。今年還暦に。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 ロンドは、フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 リュウ(13歳)は、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。