2017年06月14日

軽井沢別荘哀史


軽井沢に別荘を建てる。それは価値観が多様化した今でも、仕事をがんばってきた証です。

別荘を見ると、どんな人がどんな思いで建てたのか、その家族がどんな思いで使ってきたのか、など想像してしまいます。あの設計にしたのはなぜ、この庭にしたのはどうして、などつい詮索・・・いやインタビューしたくなります。きっといろいろな物語があるのでしょう。

ところが、追分で森の小径を散歩しているとしばしば「廃屋」のような建物を目にします。どれも建てられてから数十年は経っていると思われる建物です。さらに旧軽井沢の高級別荘地でも廃屋に近い別荘を見ることがあります。

軽井沢に別荘を持つことは、昔ならなおさらその意味は大きかったことと思います。苦労の末建てた別荘が、使われず朽ち果てるままに放置されている。どうしてだろう。不思議に思っていました。

IMG_9893.jpg
(自分で設計したのでしょうか。ユニークな形状の古い建物)

そこで、なぜ廃屋のような別荘が残っているのか、について自分の観察と分析、それに想像を加え(つまり勝手なことを言っている、ということですが・・・)、さらに不動産売買に関わる人から聞いた話などを合わせ、次のような「物語」を考えました。

・数十年前、軽井沢に別荘を持つことは成功の証。旧軽のような高級別荘地をのぞき、周辺地域では案外土地も手頃、また夏仕様の小さな小屋風別荘なら建築費も安い。だから意外と安価に別荘が持てたのかもしれない。大金持ちでなくともがんばって人並み以上の資産を持てた人たちも軽井沢に別荘が持てた。

・若いときは貧しかった。成功への道は、平坦ではなかったかもしれない。でも一生懸命働いて豊かになった。苦労の分だけ、成功の証である別荘での時間は、至福の一時。人生の満足感と達成感で満ちあふれた別荘での家族との避暑。

・そんな至福の時間も年と共に減っていく。老年となり軽井沢に来るのがつらくなる。そして夏仕様の簡素な建物はしだいに古くなり、使い勝手が悪くなる。

・成功者の子供たちは、生まれも育ちも大都会。大都市の利点を十二分に享受してきた都市生活者。親の苦労も田舎への郷愁も知らない。軽井沢も親とともに何度も通って、もう飽きた。軽井沢とはいえ、田舎の生活。そんな田舎の不便さは、好まない。親の「苦労して成功を手にした達成感」を共有していない子世代は、軽井沢の別荘に強い思い入れがない。

・数十年を経た別荘はすでに老朽化し、ましてや冬はとても暮らせたものではない。補修するにも限度がある。(工務店によると、冬でも使える通年仕様が標準になったのは、ここ十年くらい、とのこと。)

・親の成功は必ずしも子に遺伝するわけではない。世襲の家族経営は別として、親と同じ収入を子供が得られるようになるとは限らない。別荘の大規模補修にかけるお金は出せない。出すだけの価値も見いだせていない。

・ではなぜ売却などの処分をしないのか。古い建物があるとあまり売れない。辺鄙な場所にある場合、なおさら売るのがむずかしい。建物を取り壊して更地にすればいいが、それもお金がかかる。ほっておいても固定資産税がかかる。しかし「軽井沢に別荘があるんだ(親のものだし、もう使っていないけれど)」というちょっとした虚栄心、「そのうち土地だけでも値段が上がるかもしれない」というちょっとした期待感が、固定資産税だけは払おうという気持ちにさせるのかもしれない。

かくして、軽井沢に廃屋のような別荘が増えていく。数はずっと多いと思うけれど、建てたときから高級仕様でさらに時代に合わせ改築されてきた富豪の別荘や、収入などには関係なく親の思い入れを共有できた子世帯がいる家族の別荘(時を経ても使い続けられている別荘とその所有者である多世帯家族を時々見かけます)をのぞき、数十年前に建てられた別荘の一部は、こういう運命にあるのでしょうか。

IMG_2242.jpg
(旧軽にある件の富豪の別荘)

でも朽ち果てた別荘とはいえ、それは努力の証だったわけで、建てた本人にとっては夢の実現。自分が世を去ったあと廃墟となり果てても、悔いはないに違いありません。「我が人生に悔いなし!」

そのことを思うと、いつも松尾芭蕉のあの有名な句が私の頭に浮かんできます。

夏草や 兵どもが 夢の跡

今年も、生い茂った雑草と木々に囲まれた廃屋別荘を横目に、森の小径を散歩する夏の日々がやってきます。

IMG_98912.jpg
(追分の小径)


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 18:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽井沢

2017年06月01日

軽井沢に住む - 土地を買う その4 利便性


軽井沢の土地について全体的な雰囲気は把握できたでしょうか。私の記事は皆さんにとってはあくまで伝聞情報にしかすぎませんので、ぜひご自分の目で確認お願いします。

IMG_9708.jpg
(追分、温水路そばの分譲地)

私たちも、土地の様子、特に一日の変化の様子(日照、騒音など)を実際に感じようと、あちこち何度も車で見て回りました。300坪規制がある地域、規制がない地域、(a)(b)(c)の地域を、とにかくあちこち回りました。
 
「土地を買う」シリーズの最後、その4として、軽井沢のどのあたりに住むと、どこに行くのが都合がよいか、という利便性について書きます。

(a)の東寄りの場所は、軽井沢の中心地に近いところで、旧軽銀座、駅前商店街、プリンスショッピングプラザなどがそばにあります。新幹線の軽井沢駅や碓氷軽井沢インターからも一番近い場所です。ゴルフ場もたくさんあります。レストランの数も一番でしょう。

IMG_5695.jpg
(軽井沢プリンスショッピングプラザのパノラマ写真)

リゾートとしての軽井沢という意味では、中心地です。

だから、と言ってはなんですが、「軽井沢価格」です。いろいろ値段が高いのです。リゾートですからね。

スーパーがあれば日常生活に便利です。もと「マツヤ」で最近「デリシア」となりオープンしたスーパーが、軽井沢駅から歩いて15分くらいの距離にあります。

(b)の中軽井沢ですが、軽井沢ならではの品揃えで人気の「ツルヤ軽井沢店」は、中軽井沢駅から車では5分もかかりません。歩いて15分くらいです。しかしツルヤ前の道(18号とバイバスを結ぶ道)は、夏や連休だと大渋滞です。入ったら動けなくなることもあるので、ご注意を。

私たちも最初の頃、知らずに大渋滞に入り込んでしまい、身動き取れず、往生したものです。

中軽井沢周辺には、カインズやケイヨーD2などのホームセンターもあります。町役場と軽井沢病院も中軽です。日常生活の買い物や行政関連では中軽が非常に便利です。

また中軽井沢から星野リゾートの「ハルニレテラス」へは車で5分程度で行けます。ハルニレテラスには、温泉もあります。ハルニレテラスを通り過ぎると、千ヶ滝別荘地です。さらに行くと群馬県に入り、鬼押し出の溶岩地形があります。さらに行くと「北軽井沢」があります。こちらも森の中の別荘地が広がっています。

IMG_5022.jpg
(ハルニレテラスの「アンブレラスカイ」。傘がカラフルできれい)

(c)の追分周辺にも、隣接する御代田町にツルヤ御代田店があり、ホームセンターのコメリなどもあるので、便利です。追分住人たちは、御代田の施設を利用することが多いのではないでしょうか。(ちなみに御代田町の追分に隣接したエリアは、「西軽井沢」と呼ばれています。)

私たちが追分を選んだ最大の理由である、「御影用水温水路」もあります。ここは絶好の散歩エリアでもありますし、温水路沿いはちょっと英国にある運河風景にも似ています(と言われています)。

御代田町には、芝生が広く犬の散歩が許されている雪窓公園や龍神公園もあります(軽井沢の湯川公園は芝生は犬禁止)。追分の温水路付近からは両公園まで車で5〜6分です。犬の散歩が気楽にできる広い公園、という意味では追分は恵まれています。

追分は観光でも日常の用事でも、便利なところだと思います。近年、軽井沢の移住先として追分は人気が高まっていると聞いています。(ちなみに、御代田町も、軽井沢町と並んで長野県で人口が増えている数少ない町村の中に入っていますが、御代田町への転入者で一番多いのは、軽井沢からの移住者だそうです。)

以上が、(a)(b)(c)各エリアの利便性についての特徴です。

なお、軽井沢から一番近い庶民的なショッピングセンターがあるのは佐久平です。佐久平は新幹線の駅として作られた新しい街で、人口約10万の佐久市の中心地となっています。駅前にはイオンモールを始め、カインズ、ベイシア、ケーズデンキ、ヤマダ電機など多くの大型店や、ファミレスなどのレストランもたくさんあります。

IMG_2700.jpg
(佐久平のイオンモール)

佐久平へ一番近いのは軽井沢の西に位置する追分で、距離は11キロ、車で20分ほどです。追分から旧軽までと佐久平までとは、ほぼ同じ距離なのです。我が家はリゾート気分を味わいに軽井沢方面へ、日常の買い物に佐久平方面へ行きます。

軽井沢中心部から佐久平へは距離にして20キロ、車で40分くらい。中軽からは、17キロ、30分くらいです。

追分からは、さらに江戸時代の宿場町風景が今に残る東御市の海野宿まで23キロ30分強、真田で有名な上田へは、34キロ40分程度で行けます。

IMG_5307.jpg
(いまに残る北国街道の宿場町、海野宿)

以上、軽井沢で土地を買うことについてまとめました。軽井沢に住みたいと思っている軽井沢初心者の皆さんにとって、有意義な情報を提供できたのであれば幸いです。

追分に住んでいるので、ちょっと追分をひいきしすぎたかもしれませんが、ご容赦を。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 18:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 軽井沢

2017年05月25日

軽井沢に住む - 土地を買う その3 市街地の住宅地


「1000平米規制がない市街地(第1種住居地域など)」の対象地域は、簡単にいえば市街地。軽井沢駅周辺や中軽井沢駅周辺の住宅地は、これに相当します。

IMG_2858.jpg
(軽井沢病院そばの分譲地 - 資料写真)
 
また昔から人が住んでいた場所も、第1種住居地域なので、300坪規制はありません。例えば、中軽井沢の南西部(国道18号とバイパスに挟まれた地域)、借宿周辺や国道18号北側の浅間台団地周辺などです。こうした地域は、一部をのぞき森がありません。住宅地の区画も狭くなり100坪以下もあります。
 
森がないので、地方都市の都市生活とあまり変わらない生活ができます。ツルヤ軽井沢店周辺であれば、とても便利な都市生活ができるし、旧軽へも森の中へも行こうと思えばすぐ行けるし、リゾート気分をすぐに満喫できます。

IMG_3661.jpg
(中軽井沢のツルヤ軽井沢店)
 
こうした都市化した第1種住居地域の利点は、都市的利便施設がそろっていることです。学校もたいていそばにあります。雪が降ってもすぐ除雪してくれます。舗装道だし交通量もそれなりに多いので、雪も溶けやすい。
 
夏は木々がないので森の中よりは気温は上がります。それでも、東京など大都会の住宅地に比べれば、はるかに土地は広いし安いし緑も豊富だと思います。
 
私たちは、ずっと都市部に住んでいたので、こうした都市的な軽井沢に住む考えはなく検討はしませんでした。ただ冬、降雪があって森の中で雪に閉じ込められそうな時、中軽周辺などの住宅地に住んでいる人たちをうらやましく思うときはあります。
 
軽井沢の森の中で暮らすには、「スタッドレスタイヤ」と「四駆」は必須と思い、我が家は去年初めて四駆の車に変えました(二駆で十分だと言う運転猛者たちもいます)。

Tire_CarWash.jpg
 
(交換前のスタッドレスタイヤ。ノーマルへの交換は我が家は4月中旬。連休ごろ雪が降ることもある、ということで連休明けに交換する慎重な人もいるようです。)

(ちなみに洗車は雨の中で。軽井沢の水道水は、地下水や湧水が多く含まれているためかミネラル分が豊富のようで、水道水をかけたままにすると表面にうろこ状の白斑が生じてしまいます。そのため水道水で洗車したときは、必ずすぐに拭き取ります。その点、雨水は蒸留水に近いため洗車には最適です。)
 
最後に、アクセスについて。
 
上信越自動車道の碓氷軽井沢ICからの距離では、(a)から(c)の順番で遠くなります。(c)の追分あたりでは、佐久平スマートICや佐久ICのほうが近いです。我が家からですと、東京方面に向かう場合は、佐久平スマートICが最短ですね。長野方面に行く場合には、サンラインを通って小諸ICに行きます。
 
碓氷軽井沢ICからプリンス通り方面までの道は急カーブが多く、夜は怖いと聞いています。また冬になると路面凍結でさらに怖いかもしれません。その点、佐久平スマートIC(山の中腹にあるので、平地に下りるまでちょっとだけ坂道を通る)や佐久IC(これは都市部にあるICです)については、凍結はあまり心配する必要はないと思います。
 
追分に来るのであれば、佐久方面のICを使うのが安全面でもお薦めです。
 
「土地を買う」シリーズ最後、その4では、利便性について書きます。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽井沢
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。