2018年07月20日

追分の森を行く


連日猛暑が続く日本列島。どこかで気温40度に達すれば、軽井沢で30度を超してもおかしくはない。しかし日が落ちてくると、追分の森はぐっと涼しくなってくる。さすが高地だ。
 
涼しさが増してくる夕方5時過ぎに、我が家のワンコと散歩に出るのがこのところの日課だ。
 
追分の森を歩く。朽ち果てた別荘を見ると感傷的な気持ちになるが(軽井沢別荘哀史)、最近は森そのものに気を惹かれる。
 
森の中をじっと見てみる。人が作った道以外はとても入れそうも歩けそうもない深い森。高さ10〜20メートルの木々のことではなく、その間を埋め尽くす下生えがすごいのだ。

IMG_2521.jpg
(まるで密林である)
 
時々、森の中を人が行く映像をテレビ番組や映画で見るが、以前は何も思わず見ていた。自然の森の中を逃げるとか迷うとか走るとか、そういうシーンだ(たいてい季節は夏や温暖な季節)。周りは高い木々が茂っている。緑におおわれた美しい森。人は「森の小径」ではなく、高木の合間を縫って進む。
 
数年前森の中に越してきて、「それは自然の森ではない」ということがよくわかった。あれは下生えを抜いて切って管理された「公園のような森」に違いない。でなければ、あれほど人が動ける空間があるはずがない。
 
あれは「フェイク」いや「撮影用の森」だったのだ。

IMG_2547.jpg
(これは下生えを切ってある管理された森)
  
もちろん自然の状態であっても標高が高くなると草原もあり、地形が急峻だと下生えの少ない場所もあろう。しかし特に日本のような温暖でモンスーン気候帯にある場所ならば、自然の森はそう簡単に人を寄せ付けないはずだ。
 
小さいときから「獣道(けものみち)」という言葉は何度も聞いたことがあった。ドラマだったのか、逃亡者が森の中の「獣道」を通って逃げる、というような設定だったのかもしれない。「野生動物が頻繁に通るため、自然に作られた道」である「獣道」は本当にあるのだろうか。特に19世紀以降大型獣は少なくなっている。クマ以外に「獣道」のような、かすかに道だとわかるような跡を森の中に付けられる大きさの動物はいるのだろうか。
 
カモシカ? イノシシ? キツネ? タヌキ?
 
実際に存在するという「獣道」をこの目で見てみたいが、この歳で、いや歳に関係なく、道のない森の中に入る勇気はない。
 
森の中の「車道」を通っていても、突然野生動物に出くわすことがある。
 
先日はカーブを曲がったその先にカモシカがいた。こちらを見ながらゆっくりと道路脇の森へ消えていった。やっぱり「もののけ姫」の世界なのか(童話と神話とこの世の間)。

Kamoshika.jpg
(哀愁のある顔立ち。カモシカと数秒見つめ合った。)
  
2メートルはあろうかというヘビがゆっくり道路を横切る。車を停め、ヘビが通り過ぎるのを待つ。そのまま行けば間違いなく踏んでしまうし、歩行者優先だ。
 
ある日、40キロほどで走る車の下を、横から飛び出してきたキジが走り抜けた。ブレーキを踏む間もなかった。後ろを見ると何もないので、轢かなかったということがわかったが、心拍数が跳ね上がった。
 
2週間ほど前、近隣の散歩コースにクマが出た。雨の降っている日の午後3時頃目撃されたという。その前日、雨の上がったその近くを散歩したことを思い出し、背筋が凍った。
 
追分でも国道18号線の北側では、ときどきクマが出るのは知っていたが、まさか交通量の多い18号を渡って南下するとは思わなかった。
 
今は毎日、散歩バッグの奥にしまい込んであった熊鈴を鳴らして、なるべく御影用水温水路の別荘が多く人(犬散歩)通りの多い(といっても観光シーズン以外、人気がないときが多いが)ところを歩くようにしている。
 
クマとの遭遇対処法をよく読んで頭に入れておかなければ(実際対処できるかどうかは別にして)。インスタ映えするような写真も撮りたいが、そういう場合じゃないだろう。
 
明日どんな動物に会うかわからない追分の森である。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

posted by ロンド at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の驚異

2018年06月12日

ニセの蜜


世の中、ニセ文書など「ニセ」の山で一般市民は憤っているが、我が家を困らせている「ニセ」は、「ニセアカシア」の木である。

ニセアカシアは俗称で、和名は「ハリエンジュ(針槐)」。世間一般には「アカシア」だと思われていることが多いが、「アカシア」とは別の木である。

「アカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい」という西田佐知子が歌う「アカシア」や、長野県特産の「アカシアはちみつ」の「アカシア」も本当は「ニセアカシア」。札幌のアカシア並木もよく見れば、「ニセアカシア」以外の何物でもない。

花はきれいで香りが良く天ぷらにして食べられるというが、ニセアカシアは我が家にとってはやっかいな木だ。茎や枝には鋭いトゲが生えており、根から芽が出て木になる旺盛な繁殖力。根は深く抜根がむずかしい。

Soaring_Nise.jpg
(近所に生えているニセアカシアの大木)

そんな木が我が家の周辺には何本も生えており、5〜6月の満開を過ぎた白い花が庭に落ち、芝にこびり付いて取れない。秋になると、枯れ枝が落ちてくる。鋭いトゲのため簡単に手では触れない。もう何度指を刺されたことか。庭で走るのが大好きな我が家の犬が踏んだら、そく病院行きだ。自分の土地に生えているわけではないので、伐採できるわけではない。芽が出てきたら、見つけ次第除去するしかない。悩みの種、いや木である。

big thorns.jpg
(ニセアカシアのトゲ。「バラ用の手袋」を使っていても、刺さる。)

しかしそんなニセアカシアも、その白くきれいな花には花粉と蜜が多い。生態系において重要な位置を占めるニホンミツバチにとっては、命の泉である。同様に養蜂業者にとっては生命線である。

追分でも、小さなミツバチは花から花へと飛び回り、養蜂業者の巣箱も見かける。旧軽銀座で有名な「ハチヒゲおじさん」の養蜂場も追分にある。

Hachihige.jpg
(旧軽井沢銀座にある「ハチヒゲおじさん」の店。ちょうどおじさんが店頭に出ていた。外国人客が通ると、英語や中国語で呼び掛けている。)

そこから採れる甘いハチミツは、消費者であれば誰でも味わうことができる。有効成分たっぷりの滋養食である。

さて、世の中にはびこる不正もニセアカシアと似ていないこともない。ニセの報告書、ニセの調査資料、ニセの測定値。若者を育てる教育者、国政を補佐する官僚、国を運営する政治家であるべきなのに、中身はニセだったりする人々。すべて「本物」としてまかり通っている。

その「ニセ」から採れる甘い蜜は、きっとどこかで誰かがこっそり吸っているのだろう。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

posted by ロンド at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の驚異

2018年05月31日

信濃に海


信濃にある「小海線」は、日本で最も標高の高いところを走っている鉄道だ。小諸から山梨の清里を通って小淵沢まで通っている。子供の頃から、「内陸なのになぜ海がつくのだろう」と不思議に思っていた。

小海だけではなく、「海ノ口」や「海尻」まである。八ヶ岳の山麓にあるこれら地名はいったい何なのだろうと。

数年前、軽井沢に移住したころ、仕事(土木、建築、砂防、自然災害関連の日英翻訳)で参考文献をネット検索しているときに、とある論文を見つけ、その謎が解けた。

その論文とは、群馬大の早川由紀夫教授による「平安時代に起こった八ヶ岳崩壊と千曲川洪水」。かいつまんで言うと、かつて八ヶ岳で大崩壊があり、土砂が川(千曲川の上流)を堰きとめ、巨大な堰止め湖ができた。堰止め湖が決壊して、大洪水が起こった、というもの(なお、同論文では崩壊の原因とされる「八ヶ岳の水蒸気爆発」説は否定している)。

その堰止め湖は海のように広かったのだろう。だから海に関する地名ができたわけだ(もともと地名というのは、地形や土地の歴史を反映しているものだから)。

「かつて」というのは887年の8月22日。それはどんな時代だったかというと、空海が高野山に金剛峯寺を建てたのが806年。平将門が乱を起こしたのが935年。

887年の8月22日に起こったのは、「仁和地震」。南海地震と東海地震が連動して起こったらしい。たぶん近い方の東海地震の震動で、八ヶ岳の天狗岳が崩壊した(現在の長野県による「東海地震による想定震度」では小海町は震度5弱)。

大量の土砂が千曲川支流の大月川を堰きとめて(「大月川岩屑なだれ」)、堰止め湖(「古千曲湖I」)ができた。どんな場所でどのくらい広いかというと、研究者の調査では以下のような感じ。

lake2.jpeg
(最初にできた堰止め湖「古千曲湖I」。水深は130メートルあったという)

これは満杯になった状態。ここまでなるのに約10ヶ月かかった。そして888年6月20日、ついに決壊し、大洪水が千曲川沿いを襲った。

佐久市では千曲川両岸の平地も洪水。今のヤマダ電器から国道141号をちょっと南下すると下り坂で橋がある。その下は湯川。つまり湯川の北岸は崖になっている。この崖に洪水がぶち当たって、西側(千曲川と合流する方向)に流下したようだ。

この橋を通った時、「そうか、この崖の上に住んでいた人たちは、洪水にあわずに助かったんだ」と明暗を分けた人たちを思った。

この決壊による洪水後も、堰止め湖は残った。それが「古千曲湖II」と呼ばれるもの(水深50メートルと推定)。こちらはその後130年くらい残っていたらしい。

堰止め湖の上流側に「海ノ口」があり下流側に「海尻」がある。他に「馬流(まながし)」や「広瀬」という地名もあり、こうした地名は100年以上存続した「古千曲湖II」に由来する地名という。

人々は、最初の恐ろしい崩壊、堰き止め、決壊を目の当たりにし、さらにそれから何世代にもわたって第二の堰止め湖と共に生きてきたのだ。

では「小海」はというと、そう、「古千曲湖I」が「大海」だったわけで、その決壊後、そこからちょっと下流に、千曲川の別の支流「相木川」が流れていて、そこが流れ出た土砂で堰き止められ、「小さい海」(「古相木湖」)になった。

two-lakes.jpeg
(上のほうが「古相木湖」で、下の方が「古千曲湖II」)

なんとこの「小海」は、それから600年以上も残っていたことが、戦国時代に描かれた絵図からわかっている。
 
ちなみに映画「君の名は。」の「糸守湖」のモデルと言われる松原湖は、天狗岳崩壊による大月川堰き止めの結果できた湖と言われている。

さて、887年の天狗岳崩壊だが、また崩れる可能性はあるのか。将来の東海地震でどうなるのか、と不安がよぎったが、よく考えてみたら、仁和以降、東海地震は何度も起きている。南海、東南海、東海の3連動地震も起きている。だが再崩壊はなかった。とりあえず安心である。

と思ったが、崩れた天狗岳の西側にある稲子岳は、なんと基盤からほぼ完全に分離している移動岩塊だそうだ!!

Inagodake.jpg
(これが稲子岳。右側の「南壁」を登攀するクライマーも多いようだ)

今後崩壊する恐れなきにしもあらずだから、観測体制を整えるべきだ、という研究者もいる。あな、恐ろしや。

対策を講じて欲しいと言ったって、大きさは、横1000m x 縦700m x 高200mもある・・・。


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

posted by ロンド at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然の驚異
プロフィール
ブログネームは、ロンド。フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 リュウは、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。