2018年04月15日

私を泣かせてください


翻訳は、締切に追われ、単調だが極度な集中が必要な作業。そんな緊張や疲れを癒してくれる音楽がある。
 
その一つが「私を泣かせてください」。
 
「ラッシャ・キオ・ピアンガ」で始まる悲しく美しい旋律のこの曲は、ヘンデル作のオペラ「リナルド」で歌われるアリア(独唱歌)。

出だしの Lascia ch'io pianga(私を泣かせてください)は曲名でもあり、mia cruda sorte(私の過酷な運命)と続く。イタリア語の piangere は「泣く」の意味もあるが、「・・を嘆き悲しむ」の意でも使われる。ここでは後者の意味。だから「私を泣かせてください」はセンテンス全体からすれば、中途半端な訳になる。もう一つの曲名「涙の流るるままに」の方が意訳としてはいいかもしれない。

とても有名なアリアなので、知っている人も多いと思う。

私がこのアリアを最初に聞いたのは映画「カストラート」においてだ。これは1994年のフランス映画で、実在したカストラートのオペラ歌手ファリネッリ Farinelli(本名カルロ・ブロスキ)の半生を描いた作品である。

このアリアが特に悲しく響くのは、同映画で歌われたからだろう。
 
カストラートとは、非人道的手段(特殊な外科手術)により、「天使の歌声」ボーイソプラノの声を持ったまま大人になった男性オペラ歌手のこと。4オクターブの音域を持ち、男性の大きな肺活量と声の力強さを持った夢のオペラ歌手である。16世紀から18世紀ごろまで存在した。

ファリネッリは特に有名で、その美声と歌唱技術は誰をも魅了したと言われ、カストラート史において最高クラスのオペラ歌手とされている。その様子はこの映画でも描かれている。正確な音程、長いブレス、朗々と響く豊かな音量。劇場では、彼の声を聞いて失神する女性もいたという。

CarloBroschi.JPG
(ファリネッリの肖像画。美男でもあったファリネッリは、上流階級女性の、今で言う「アイドル」だった。)

映画「カストラート」において「私を泣かせてください」が歌われているシーンでは、カストラートにされた彼の子供時代がクロスオーバーで映され、「私の過酷な運命を嘆き悲しませてください」という歌詞がそのままファリネッリの人生に当てはまる。

stage-1248769_1920.jpg
(オペラハウスの装飾は、音の拡散に効果的だった。)

同映画では曲調も悲哀に満ちていた。

サラ・ブライトマンやクロエ・アグニュー(ケルティック・ウーマンのメンバー)など、多くの歌手がこの曲をカバーしている。サラ・ブライトマンの高音であっても澄んで落ち着いた声は、私の仕事のバックグラウンドミュージックにピッタリだった。
 
サラの「私を泣かせて・・」はどちらかというとオペラ的な歌い方をしているので沈んだ雰囲気がある。ケルト音楽を専門とするポップシンガーのクロエが透明感のある明るい声で歌う「私を泣かせて・・」も最近よく聴いている。

現在ではカストラートは存在しないので、今彼らの歌声を再生できるオペラ歌手はいない。同映画では、ファリネッリの歌う声はすべて男性のカウンターテノールと女性のソプラノの声を合成したものである。

人為的カストラートは存在しないが、自然の状態でカストラートに匹敵する声を持つ男性はいるという。声変わりしないで大人になるという特異体質のなせる技だ。日本では、岡本知高がそうだという。iTunes Music で彼の「私を泣かせて・・」を聴くと、確かにすばらしい高音だ。

だが、そんな彼でも「3オクターブ」というから、「4オクターブ」と言われている実際のファリネッリは、すでに「神の領域」に踏み込んでいたのかもしれない。彼がもし現代にいてアリアを歌ったら、失神する人(女性ファン)が続出するに違いない。

Viva Farinelli! 


読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

posted by ロンド at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2017年12月24日

フレディ・マーキュリー映画化


フレディー・マーキュリー永遠なれ」の記事アクセス数がずっとトップにあるので、不思議に思っていたら、たぶんその原因は、「フレディ・マーキュリーの映画化」ではないかと。
 
タイトルは、Bohemian Rhapsody で、公開は2018年12月。まだ1年も先。興味があるのは、誰がフレディを演じるのか。
 
何と、バンパイアラブストーリー「トワイライト・サーガ」の最終エピソードで大活躍した、大地を切り裂く能力を持つバンパイア、ベンジャミン(エジプト人だけれど、ベンジャミンはヘブライ語の名前なので、ユダヤ系のエジプト人という設定なのでしょう)、さらにテレビドラマ Mr. Robot で精神的に不安定な主役のハッカーを演じているエジプト系アメリカ人俳優ラミ・マレック(Rami Malek)。演技については実力者なのだと思います。
 
たいてい実話が映画化されると本人より美男(美女)になることが多いのですが、ラミ・マレックよりは実際のフレディ・マーキュリーのほうが整った顔立ちでハンサムだし、少し背が高いし、背筋もすっと伸びてカッコイイと思います。まあメーキャップや衣装や演技でそれらしくかっこよく映るのかもしれません(が映画の写真を見るとやはりそうでもないのが残念)。
 
歌は、もちろん吹き替え(フレディ本人の声)になるのでは。彼の声や千変万化の音程変化はそう真似できないし、そもそもラミが歌う意味がないので、本人の声を使ってまったく問題ないと思うのですが。ラミが歌って本物そっくりでなかったらそれこそブーイングでしょう。

ちなみに、映画で描かれる期間は「クイーン」設立時から、1985年に行われた20世紀最大のチャリティーコンサートと言われている「ライブエイド Live Aid」まで。

世界各地で行われたこのコンサートにはたくさんの一流アーティストが出演しました。イギリスでのコンサートでは、 Bohemian Rhapsody など6曲を歌った「クイーン」のパフォーマンスは出演者の中で最も素晴らしいと言われていて、2005年のBBC世論調査で「史上最高のロックパフォーマンス」と評されているとのこと。この出演でクイーンの人気は不動のものになったそうです。

このパフォーマンスが映画のクライマックスかつエンディングになるのでしょう。果たしてどんな映像になるのか。何しろスティング、フィル・コリンズ、デヴィッド・ボウイ、エルトン・ジョン、U2、ポール・マッカートニーなどが出ているのです。そっくりさんを連れてくるのも大変なので、たぶん彼らは描かれないでしょう。想像するに、映画はフレディ・マーキュリーのあの象徴的な片腕上げ不動立ちで終わる。そう願っています。
 
いずれにしても来年が楽しみです。まだあと1年か・・・

Rami_Malek_in_Hollywood,_California.jpg
(ラミ・マレックとはこんな顔。どちらかといえば童顔)(courtesy of Wikipedia)
 
Queen_1984_0009.jpg
(こんな「大人な」フレディを姿の上でカリスマ的雰囲気を持って演じられるのだろうか)(courtesy of Wikipedia)
 

読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

続きを読む
posted by ロンド at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽

2017年04月10日

フレディ・マーキュリー永遠なれ

軽井沢といえば、ジョン・レノンです。

万平ホテルのロイヤルミルクティーが彼のお好みだったのは、有名な話。私たちも、万平ホテルのテラスで、「ここでジョン・レノンがゆっくりとした時を過ごしたのか」と感慨に浸り、リュウを膝にのせてロイヤルミルクティーを飲みました。

IMG_3077.jpg

さて、ジョン・レノンを尊敬していたのが、「クイーン」のボーカリスト、フレディ・マーキュリー。ジョン・レノンも、フレディの「愛という名の欲望(Crazy Little Thing Called Love)」を聞き触発され、再び音楽の世界に戻ろうと決めた、という逸話が残っています。

我が家では、昨年末から、「フレディブーム」です。きっかけは、元「ワム」のジョージ・マイケルが亡くなったこと。ワムの曲が好きな妻から、フレディ・マーキュリー知ってるかと聞かれ、「知っている」とは言ったものの、早速調べてみました。

そしたら、なんだ、聞いたことのある曲ばっかり。I Was Born to Love You のビデオを YouTube で見たら、かっこいいではないか。夫婦してファンになりました。若いときは、ああいうグループは興味がなかったんですね。ジョージ・マイケルは、少年時代からの憧れだったフレディの追悼コンサートで Somebody to Love を歌い、聴衆を感動させました。

ファンならご存知の通り、フレディは「ペルシャ系インド人」。本名は、ファルーク・ブルサラ。容貌からするとペルシャ的ですね。

YouTube のインタビューで彼の英語を聞いてみると、なまりがない。幼いときから英語教育を行う学校に通っていたとのことですから、本格的イギリス英語で教育を受けたものと思います。

思い起こしてみると、「クイーン」に興味はなかったものの、彼らの曲はなかなかいいな、とは思っていたようでした。あの「ハモリ」がまたいいんですね。他のグループにはありませんでした。

フレディの曲は、バラードもあり、さらにオペラ的なものもありました。 Barcelona などは、オペラ歌手とデュエットしています。彼の死後、バルセロナ五輪ではオープニングソングとして使われました(覚えていない・・・)。

I Was Born to Love You の歌詞もいいですね。

I was born to love you
With every single beat of my heart
Yes, I was born to take care of you
Every single day of my life

I was born to love you は「君を愛するためにぼくは生まれた」なんて寒い日本語はやめて、「生まれたときには、もう君が好きだった」なんていかが。
freddie_image.jpg
(スイス、モントルーに立つ等身大のフレディ・マーキュリー像。このレマン湖畔のリゾートタウンはクイーンゆかりの地)
(Image courtesy of Phil_Bird at FreeDigitalPhotos.net)



読んでいただきありがとうございます。
クリックして応援いただけるとうれしいです。

↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
posted by ロンド at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
プロフィール
ブログネームは、ロンド。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。今年還暦に。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 ロンドは、フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 リュウ(13歳)は、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。