2019年06月22日

個性なんて


「個性」は必要だろうか。「個性のある○○」とか「個性豊かな○○」というようなものは、やはり持つべきだろうか。

現実的には、遺伝子や容姿や行動や思想など各個人すべて異なり、それぞれ個性はある。だが、世間で言われている「個性」とは、そういう個性ではないはず。もっとユニークな、人とは違う大きな特徴のようなものを意味しているはずだ。

ひところ「個性が大切」という風潮があり、行政も盛んに「個性のある○○」を強調していた。音楽界でも「世界でたった一つの・・・」という歌が流行り、「No. 1にならなくても、すでに私たちはそれぞれオンリーワンだ」というメッセージが流されていた。大ヒット曲だから、好きな人も多いだろう。

だが、非常に個性のある政治家やアーティストや芸能人が「個性」を叫んでも、私に対しては説得力はない。鳥が地を這う犬に「空を飛んでみたら」と言うようなものである。「飛べりゃあ、飛ぶよ」と噛みつきたくなる。

Liue and ducks 1.jpg
(カルガモ一家と飛べない犬。軽井沢追分の御影用水温水路にて。 プードルは水鳥を獲るために改良された狩猟犬。ただ我が家のワンコは水鳥を前にしても、その本能は目覚めないらしい。目覚めてもらっても困るが・・・。)

通信社勤務時代に東京の代々木公園で踊っている「竹の子族」と言われる若者たちを取材したことがある。もう最盛期は過ぎていたが、それでも奇抜な衣装を着た若者たちがたくさん集まり、一心不乱に踊っていた。

何人かにインタビューをした。答えはだいたい同じ。彼らは不良少年少女ではない、どちらかといえば真面目な若者たちである。「楽しいから踊っている」「これが自分たちのスタイル、何か反抗したいわけではない」という、ユニークではあるが優等生的な発言だと思った。

この取材で感じたことは、「彼らは特定のグループに属している人々であって、本当に個性的なわけではない」だった。本当に個性的なのは、最初に奇抜な衣装を着て踊り始めた人々であり、それ以降の人々は「フォロワー」である。

人は、「個性的(オンリーワン)」になりたくて、なろうと思っているが、実際は「個性的な人を真似ているだけ」なのかもしれない。

そもそも、私の経験上、オンリーワンになるよりナンバーワンになるほうが簡単だった。No. 1というのはいろいろある。遊びでも駆けっこでもゲームでも学業でも、友達間での No. 1、町内の No. 1、クラスの No. 1など様々。私もそういう意味では何度か No. 1 になったことがある。

だがオンリーワンというのはむずかしい。オンリーワンは非常に主観的、恣意的だからだ。自分の過去を振り返ってみると、オンリーワンの場合には恥ずかしいことばかりだった(例えば、予防注射で倒れたのは、学年でおれだけ、とか)。「もともと特別な only one」も私は自信ない。

驚いたことに、最近「個性的」と言われるのを嫌う若者が多いらしい。「人と違う」と思われるのが嫌なのだという。

Japanese crowd.jpg
(個性ある人ない人行き交う交差点。)

個性的でありたいと思ったり、人と違うと思われたくないと思ったり、いったい何なんだろう。日本人にとって「個性」は鬼門なのに違いない。

英語を通して外国人と交流したり、外国についての文献を読んだりしたが、一般的には確かに外国人は日本人よりも個性的ではある。だが、それ以上に「他人を判断(評価)しない(私は私、あなたはあなた)」という彼らの考え方が気に入っていた。

英語のドラマなどを見ていると、Don’t judge me. という台詞をよく聞く。つまり「私のことをあれこれ言うな、だめとかいいとか言うな」という意味である。元々西洋には個人主義的な考え方があったからなのか、あるいは最後の審判は神が下す、という宗教的思想が背景にあるのかもしれない。

ひるがえって日本はどうだろうか。日常生活や社会生活において細々とした規則があって、どうも窮屈である。それは「おもてなし」の悪い面ではないだろうか。気を遣うということは、「他人にあれこれ言う」「皆と違うことをするな」ということにも通じる。

本当に大切なのは、「個人をそのまま認めること」ではないだろうか。その人が個性があろうとなかろうと、ただの凡人であろうとなかろうと、どうでもよい。ただただその人がその人であることを否定せず、その人の考えや行動をとやかく評価せず、ありのまま受け入れることのほうが、はるかに大切ではないのか。

もちろん最低限のルールは守らなければならない。それは生物の種の存続に不可欠なことである。他人を傷付けたり、決まりを守らなかったり、そうしたことが良くないのは、倫理でも法律でも自己都合でもない。種の存続を脅かすからやってはいけないのである。

例えば群で獲物を追う捕食動物(狼とか人とか)が、バラバラな行動をしたら、獲物は獲れず、群全体が食糧不足で死んでしまう。だから群のメンバーはルールを守って共同で行動する。人間は知能がちょっと発達してしまったので、それを「倫理」や「宗教」や「法律」と名付けかっこつけただけである。

そういうルールも必要な最低限でいい。そのうえで、個人の生き様を許容する。すると「公園デビュー」(もう死語に近いそうだが)も「仲間はずれ」も「いじめ」もなくなるだろう。

自分たちと違うからといって、他人を無視したり、あれこれ指図したり指摘したりしない。そのうえで、必要があれば団結する。

今の社会は何か逆のことをやっているような気がする。自己都合のためのルールで人を縛り、本当に必要なことは避ける。外圧がなければ自己改革できない会社はうんざりするほど見ているはずだ。

自分は世界で一つだけのオンリーワン、なんてどうでもよい。only one でなくて、one of them でもいい。自分は自分として認めてくれればいいのである。

そういう社会になれば、なんと楽であることか、と思う。


読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

posted by ロンド at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化

2019年02月28日

「2位じゃダメなんでしょうか」はダメですか

「2位じゃダメなんでしょうか」という質問を聞いたのは、2009年の事業仕分け。質問したのは蓮舫議員。日本ではこの質問をした蓮舫議員に対し「何て質問をするんだ」と否定的に感じた人が多かったようだ。
 
質問者の意図や当時の状況は別にして、この質問自体私には「普通」にしか聞こえなかった。
 
外国だったら、何百億ものお金(国民の血税)がかかるプロジェクトの是非を問う際には、こういう質問は普通に聞かれるものではないだろうか。もっと辛辣な質問だって出てくるはずだ。
 
例えば、1位を狙うには1000億かかる、と言われたら、お金を出すほうは、「そこまで出せないけど2位でもそれなりの成果になるのではないか」「それだったら800億でどうか」「無理しないで2位でいいじゃないか、800億でできるはず」とか、こうしたいろいろなことを訊くことはまったく問題ないはず。
 
「私たちの研究のため、お金をください(しかも血税から)」と言っているのだから、「なぜお金が必要なのか、何のために必要なのか」ありったけのデータと理論を持って説明するのが筋というものだろう。
 
この質問が当時の雰囲気から、どちらかといえば否定的な印象を持たれたのは、おそらく「質問」というのが「物事を明らかにする手段」というより「尋問」に近いものと捉える文化的背景があるのではないか、と思った。
  
「なぜ」と聞かれると「非難されている」と感じることはないだろうか。
 
「質問」する技術は、コミュニケーションにおいて非常に重要だと、英語に携わっていると強く実感する。外国人との英会話では why を中心に、what, how, which, when のオンパレードである。それがあるからこそ、会話がおもしろくなる。
 
たとえば、「私はコーヒーが好きです」というと, Why do you like it? と聞く、だけではない。Why not tea? 「お茶じゃだめですか」とか、 Why do you prefer coffee to tea? 「お茶ではなくコーヒーなのはなぜ」とか、日本語だったら「天の邪鬼」に聞こえるような質問もすることはある。実はこういう質問に答えるのが大好きな外国人は多い。自己主張は自己表現であり、それをしあうことで相互理解が深まる。そこに、「異民族交流」の歴史を持つ諸外国と「阿吽の呼吸」の日本との、コミュニケーション手法の違いが反映されているのかもしれない。
 
質問内容は質問者の意見や意思を必ずしも表明しているわけではない。むしろ会話をよりおもしろく有意義にするためにするもの。そういうことを、私は英語の会話から、また英語でのディベートから学んだ。 

debate-like.jpg
(ディベートはこんな感じで、賛成・反対に分かれて行われる。日本でも「ディベート甲子園」と呼ばれる、中学・高校ディベート選手権が全国規模で行われている。)
 
私がディベートのことを知ったのは、日本にディベート教育を広げようと尽力している松本道弘氏の著書からだ。また直接、氏の指導のもとでもディベートを学んだ。
 
ディベートとは、誤解されているようだが、「ああ言えばこう言う」という詭弁を学ぶところではなく、「テーマを徹底して考える」ためのもので、「賛成と反対」の両側から考え、互いに質疑応答し、結論を導き出すもの。
 
自分の意図や意見とは関係なく、賛成側や反対側になり、考える。それはとても優れた思考法であり検討法だと思う。口下手でぼんやりしている私にとって、物事を多角的に、特に自分の意見とは逆から見ることは、とてもよい訓練になった。
 
実は、「なぜ2位じゃダメなのか」はディベートにとってはおいしい質問なのだ。「待ってました」とばかり、「1位じゃなきゃだめな理由はこれだ」と嬉々として説明する。そのためにあらゆるデータを集め、根拠を考え、わかりやすく説明できるよう事前に準備し、想定問答をしておく。それがディベートの原則。だから「2位じゃダメか」と訊かれれば、しめしめ、とうれしくなるのだ。
 
本当に相手を論破したいのであれば、「答えがイエスかノーかになる質問」をする。
 
アメリカの法廷ドラマでは、Are you ....., are you not? と弁護士がたたみかけてくる。これが恐ろしい。きっとアメリカの弁護士だったら、「2位じゃダメ」のような事業仕分けであれば、あっというまに「要求額1000億」が「800億」に減らされ、承認させられてしまうだろう。

Tvsinopse0000020004.jpg
(米テレビドラマ The Practice 「ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル」は本格的法廷ドラマで、私もかつてよく見ていた(放映は 1997〜2004)。非常に英語の勉強になった。)(写真:Wikimedia Commons)
 
 英語では devil's advocate という言葉がある。わざと反対意見を言う役割のことで、キリスト教に由来するのだが、今では play devil's advocate といえば、ディベートにおいて、また普通の会話でも「議論を深める(会話を盛り上げる)ため、わざと反対意見を言う」ことを意味する。
 
現代のイスラエルでは、「10番目の男」という規則がある。9人が同じ意見だったら、10番目の人は必ず逆の観点から検討しなければならない。前世紀から続くイスラエルの苦難は、「希望的観測」(皆が「そんなことは起きないだろう」と思っていたら、起きてしまった)ゆえ生じたものだ、という反省からできあがった規則だという。
 
ただ、どこの国の人であっても根掘り葉掘り聞かれたくない人はいるし、「物は言いよう」だから言い方には気をつけなければいけない、と口下手だが口が滑りやすい私は自分に言い聞かせている。
 
互いに反論したり言い返したりすることが、普通の会話の中で普通の心理状態で行えたら、きっと「胸を割って語り合えた」という充実感が得られるだろうし、論理的思考も鍛えられると思うが、それは日本ではダメですか。


読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

posted by ロンド at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化

2019年01月18日

ユー・ガット・メール

1998年の映画「ユー・ガット・メール」は、ネット時代を象徴するラブコメディーだった。男女がインターネット上で知り合いEメールを交わすようになり、恋愛感情を持つに至る。最後は直接会ってめでたし、というお話。

なんと、インターネットの登場により、人は直接顔を合わせず恋愛するようになってしまった。人の出会いさえデジタル化し、人はそれを普通に受け入れるようになってしまった。

You've_Got_Mail.jpg
(トム・ハンクスとメグ・ライアンのラブコメディー「ユー・ガット・メール」。今と比べるとPCやネット接続方法が「時代遅れ」に見えるが、当時はネット時代ならではのラブストーリーだった。)(写真:Wikimedia Commons)

仮想現実の世界で冒険が繰り広げられるスティーブン・スピルバーグ監督の2018年映画「レディ・プレイヤー1」では、ついに出会いから事件から恋愛から仕事まで仮想現実の世界で行われるようになった(未来のお話なのだが、もうすぐ実現しそう)。もう「生身」の接触などは、刺身のつま程度の意味しか持たなくなってしまったのか。

人はもっと直接的な人間関係に戻るべきだ。直接会ってから、人を好きになるべき。それが本来の人同士の付き合いである。

まあ、そうかもしれない。でも、私みたいにあがり症で、会ってすぐに相手の気を引けるほどの会話力にも長けていない、という人はどうしたらいいのだろうか。

アジアの古代、若い男女は歌を詠み交わして、心を通わせていた。「歌掛け」という風習で、直接顔を合わせなくても、恋愛のチャンスはあったのだ。

この風習は日本にもやってきて「歌垣(うたがき)」と呼ばれるようになった。この場合の「歌」は現代の歌ではなく、いわゆる万葉集の「歌」(和歌)のようなもの。

記録に残る平安時代の歌垣はすでに洗練された貴族間の芸事的なものになっているが、地方では集落の自由恋愛推進行事として行われていた(その系譜を引くのが「成人式」だという説もある)。

その起源は、大陸の照葉樹林文化または焼畑耕作民文化と言われていて、今でも少数民族の間では行われている。中華文明起源ではない。

このイベントでは、若い男女が互いに顔を合わせることはあるかもしれないが、顔で判断するのではなく、歌を詠み、それに歌で返す。歌の内容や技術を通して、互いの人となりを知り、互いに見初め、恋仲になって、結婚する、というものである。

歌垣に大切なのは容姿や会話ではなく、心を伝える「歌」なのだ。

Hmong_women_at_Coc_Ly_market,_Sapa,_Vietnam.jpg
(美しい民族衣装で有名なモン族の少女たち。モン族は今でも歌掛けを行っている。)

参考として今頭に浮かぶのが、洗練された形ではあるが、万葉集の「額田王」と「大海人皇子」との歌の掛け合い(歌垣ではないが)。

「あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る」(額田王)
「紫草のにほへる妹を憎くあらば人妻ゆゑに我恋ひめやも」(大海人皇子)

これはとある宴会の席で、かつての夫であった大海人皇子に対し、「昔こんなことあったね」と額田王が歌い、それを大海人皇子が歌で返した、と言われているもの。

歌垣は、このもっと素朴な形の歌が、男女間で交わされたのだと思う。

この照葉樹林の中で育まれた「歌謡」という文化は、もともと大いなる自然である神々への感謝を表す儀式から生まれたものという。生きていられてうれしい、感謝の気持ちが声になり歌になった。自然発生的な心の声だったのだろう。それが発展して、好きな相手に心の声を届ける歌掛けとなった。

「歌垣」は自由恋愛である。歌の内容で、相手を見極める。「ユー・ガット・メール」では「文面」、「レディ・プレイヤー1」では仮想現実(virtual reality - VR)における自分の分身「アヴァター」の言動で、相手を見初める。

結局、人が人を好きになるのに、手段は問わない。出会いは必ずしも直接会って話さなくたっていい。ネットや仮想現実は、その時代時代に合わせた出会いの場を得るための手段にすぎない。

「ユー・ガット・メール」も、そもそも1940年の米映画「桃色の店(The Shop Around the Corner)」のリメイクである。オリジナル版は、もちろんネットではなく手紙でのやりとり(文通)で、男女が恋に落ちるお話であった。文通もネットも、変わらないではないか。

この世知辛い現代では、ネットでの出会いは危険を伴うと警告されている。

例に挙げた映画では、文通やメールやアヴァターでも「心の通い合い」が感じられるような深さが描かれていた(「レディ・・」の謎解きは実際はかなり知識と知性とコミュニケーションが必要だった)。古代の歌垣でも、歌の掛け合いを通し、相手の人柄や人間性がわかるのだ(古代の人たちはもっと素直だっただろうし)。

ハイテクの現代、ネットやVRなど出会いの手段はいろいろあるが、その手段における「交流」は心を通わせるような深みが必要となる。また相手をちゃんと見極める判断力も必要になってくる。

今の若い人は「直接の出会い」が苦手と言われている。最新技術を使った手段による「間接的な出会い」の方が若者たちの交流機会を増やせるのではないか。

ハイテクの力は「間接的出会い」を「心を通わせる出会い」に発展させられる可能性がある。また無限の活動世界がありえるVRの三次元交流のほうが、ハプニングが起こりやすく、人となりは出やすい。VRを単なる仮想ゲームではなく、「仮面(=アヴァター)」ではあっても実際の人と人が交わるゲーム(=競技かるた、謎解き会、討論会、英語の会など何でもできる)に活用する。そうした形であれば、将来ハイテクによる交流の適正化がさらに進むはずだ。

個人的に私も「書く出会い」のほうが気が楽で、自分の気持ちを表しやすい。古代の「歌垣」はどんな感じだったのだろうか。「詠む出会い」も優雅と言うより、案外躍動感に溢れたものだったかもしれない。

Hmong village.jpg
(とあるモン族の村。場所はベトナムだが、モン族は中国南部からベトナムにかけて住んでいる少数民族。こんな雰囲気のところで「歌垣」が行われていたわけだ。日本も同じ照葉樹林帯に属するので、風景が似ている。)


読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

posted by ロンド at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化
プロフィール
ブログネームは、ロンド。 2013年に東京の多摩ニュータウンから軽井沢の追分に移住。今年還暦に。 同居人は、妻とトイプードルのリュウ。 ロンドは、フリーの翻訳者(日英)。自宅にてiMac を駆って仕事。 リュウ(13歳)は、運動不足のロンドを散歩に連れ出すことで、健康管理に貢献。 御影用水温水路の風景に惹かれて、「軽井沢に住むなら追分」となった。